« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

外国語のカタログ ニコンF

ニコンFの英語版カタログです。これは日本光学が出した物ではなく、米国現地法人の作成した物です。
13s
47s
811s
1215s
1619s
2023s
2427s


| | コメント (1) | トラックバック (0)

外国語のカタログ ニコマートFTn

ニコマートFTnの英語版カタログです。ニッコールマットでは無い事からも日本での配布だと言う事が分かるかと思います。
A1
A2
A3


| | コメント (2) | トラックバック (0)

静嘉堂文庫美術館

静嘉堂文庫美術館は、日本光学工業株式会社創立の後援者である岩崎小彌太氏とその父である三菱2代目社長の彌之助氏の和漢の古美術品など収集品が納められている施設です。
両氏は和漢の古美術品、古典籍に造詣が深く、当時(明治期)の西洋文化偏重傾向の中で、東洋文化財の収集に尽力しておりました。特に小彌太氏は中国陶磁器を系統的に集めていたそうです。これらの中には非常に貴重な資料も含まれ、それらは研究者など限られた方々には閲覧が可能ですが、非常に貴重な物の中にはマイクロニッコールで複写されたマイクロフィルムで保存され、閲覧に供される物もあるとのことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その信頼性に、NASAが注目した。

F3
1981年頃のニコンF3の広告です。
AI-S仕様への変更もこの頃から本格化しました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ひと手間掛かった?カタログ

2ss
15s
ニコン35Tiのカタログの一部分です。1997年3月版ですから、最終に近い頃の物です。
上の画像を見ますと、一部シールにて訂正してある個所がある事が分かります。


なぜか、35Tiのカタログでは、これ以前から同様にシールで訂正されており、版が代わっても改善されていませんでした。訂正内容は違いますが、実はニコン28Ti、35Ti併売時のカタログでも裏表紙に訂正シールが貼ってあったりと、すぐに次の版で訂正されている印象の強いニコンとしては珍しい、ひと手間掛けたカタログが続いた例ですね。(汗)


さて、訂正内容ですが、シールをはがして確認しようとしましたが、うまく剥がせず分かりませんでした。ただ、28Tiとの併売カタログを見ますと接眼補助レンズ(+0.5Dp)が付属品として漏れていた事実から、それが載っていなかったのではないかと推測しています。

ニコン35Ti、28Tiの販売期間、販売数などの情報に関しては以前の書き込みを参考にしてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

重要事項年譜

日本光学工業株式会社二十五年史巻末資料にタイトルにある年譜が載っていました。

1s
2s
3s
(関心を持つ方は少ないかも知れませんが、)創立から流れを知る資料ですので、興味のある方は見て下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

外国語のカタログ ニコンF3AF

12
34
56
78
910
1112
ニコンF3のカタログ英語版です。
サイズなどは以前に紹介しましたニコンF2カタログ英語版とほぼ同じものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

外国語のカタログ ニコンF2

124
23
45
67
89
1011
1213
1415
1618
1819
2021
2223
ニコンF2カタログドイツ語版です。AI化後の物で、フォトミックAや同ASが載っています。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

DタイプAFニッコールレンズ新たに10本登場。

Dタイプニッコールレンズが登場し、1993年秋、更に追加の10本が発表された時の広告です。
1993s
この頃には、距離情報はもとより、色情報(RGB)まで加味した3D-RGB測光の開発が進んでいたようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スピードライトカタログ 1974年

ニコンのスピードライトSB-2、3、4とリングライト、リピーティングフラッシュ、それらのアクセサリーなどを紹介したカタログです。
12s
34s
56s
78s
910s
1112s
フラッシュバルブからストロボライトへの大衆化、移行が本格的になりだした頃ですが、日本光学の物は汎用品メーカーの物と比べると高価だったように思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニコンFA 展開図

Fa

修理指針(英語版)に載っていたニコンFAの展開図です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

不遇なカメラ? ニコレックスF

これらは昭和40年前後のニッコールレンズカタログで、どちらも同じ構成内容ですが、時期が違う為に載っているカメラやレンズに違いがあります。下はその中の表紙をめくった、1ページ目の画像です。
1965s
1966s
ここの部分にはFマウントを使うカメラが紹介されております、本来ならば上の画像の右下にはニコレックスFが載っていてもおかしくは無い気がします。しかし、その上には「NikonFシリーズ用」としているからでしょうか、同じFシリーズでもニコレックスは蚊帳の外に置かれている印象を持ってしまいます。
そう言えば、後年、ニコンカメラを一堂に載せたポスターが何種類か出ましたが、その中でも一部のポスターにはニコレックスが載っていない物もありましたね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ニコンF2用モータードライブMD-3 調整要領(補足)

先日、ニコンF2用モータードライブMD-3の配線図などを紹介しましたが、調整に関しての補足として、以下の画像を紹介しますので、必要な方は参考にして下さい。

__2s
__3s
__4s
__5s


| | コメント (0) | トラックバック (0)

キヤノン アクセサリーカタログ

先日のニコンカメラアクセサリーカタログに続いて、昭和30年前後頃のキヤノンアクセサリーカタログです。
S
S_2
時期的には先日紹介しましたニコンカメラ アクセサリーカタログ(英語版)より少し(2~3年)前になろうかと思います。

ニコンでは見ないアクセサリーに、現像タンクやセルフタイマーがありますね。
当時から、社外品ではセルフタイマーはいくつも販売されていましたが、私は、日本光学製が出ていれば欲しかった物の1つです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レフレックスニッコール1000mmF11

昭和40年末頃くらい?の次期のニッコールレンズカタログの、新製品として追加のカタログの見開き部分です。
1965s
これには、昭和40年末に発売された35mmF2や55mmF1.2などの他に翌41年4月に発売されたレフレックスニッコール1000mmF11や昭和42年に発売されたズームニッコール50~300mmF4.5が発売予定で載っていました。

先日紹介しましたカタログに載っていた1000mmF6.3登場から僅か1年半ほどで、こちらのF11モデルへと切り替わりました事からも、先のレフレックスニッコール1000mmF6.3の製造数が少ないと言う事が分かるかと思います。

余談ですが、これらレンズで番号が確認できる物はついつい見てしまうのです、35mmや135mmは始めの1本~数本以内の番号ではないかと思われます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本光学工業株式会社 大井製作所全景(昭和29年頃)

日本光学工業株式会社四十年史に載っていた昭和29年の大井製作所の写真です。
先日の「大井製作所全景(昭和40年頃?)」と比較してみると、およそ10年での廻りを含めた建物の違いが分かるかと思います。
29s
配置図などは本文を参考にしてください。
S
Nikonの聖地?大井製作所ですが、現在はジェイタワー西大井をはじめ廻りもかなり変わってしまいましたね、興味がある方はグーグルなどの画像を検索してみて下さい。

さて、前日の「このカメラ名を当てて」の回答ですが、「ニコンFG-20」でした。皆さんさすがに良くご存じですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

このカメラ名を当てて

下のペンタプリズム部の展開図はあるニコンカメラのものです。
カメラ名を当ててみて下さい。
Photo
ヒントはコードやセルフタイマーです、解答は翌日発表します。
分かる方はコメント下さい。ノーヒントで分かった方は相当なニコン通です。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

日本光学工業株式会社 大井製作所全景(昭和40年頃?)

S
日本光学工業株式会社(当時)の大井製作所全景です。
これは、下のニコンカメラ総合カタログの裏表紙に載っていたものです。
1969s
昭和40年頃再生産され発売されたニコンS3ブラックがこのカタログに載っていますので、それからの類推ですから時期はかなりあいまいです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ニコンF3のライバル? コンタックスRTSIIの内部

コンタックスRTSIIの内部の一部を紹介したものです。
Rtss(カメラレビュー30号より)
対象ユーザーや価格帯はニコンF3と近い高級機だけあって、手を抜いて無い感じを受けます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニコンF2用モータードライブMD-3 配線図など

下はニコンF2用モータードライブMD-3の修理指針に載っていた、実態配線図とプリント基板などの図です。
S

S


| | コメント (5) | トラックバック (0)

ペトリV6

ペトリV6のカタログ表紙部分です。
S
説明のページです。
3s
ペトリ一眼レフの中でもこのV6とそれにアクセサリーシューを付けた後のV6II型は、安価な一眼レフカメラの代表選手で、結構長寿なカメラでもありました。
上の表紙部分にあります価格は標準55mmF1.8付での物で、この後には標準F2付で21400円(ケース付では23800円)と更に安価なバージョンもありました。ただし、このカメラが登場した昭和40年のカメラショーカタログによりますと、価格は当初はペトリV3フレックスと同じ標準F1.8付で27800円にケースが2200円とありましたので、いつの頃かははっきりしませんが、割合早い時期(V3在庫払底時?)に価格改定があったようです。
因みに、V6登場時期のニコンカメラの価格は、ニコンFフォトミックTが標準F2付で70000円(ケース別)、ニコンF(レンズ同)では59000円、大衆モデルのニコマートFTは45000円(レンズ同、ケース別)、ニコマートFSでは37800円(レンズ同、ケース別)でした。性能が違いますので比較には無理がありますが、一番安価なニコマートFSとでも1万円ほど安く、確かにカタログ表紙の秋山氏の言葉のように一眼レフが誰でも持てるようになったという印象を持ちました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

洗練された近代機構 国産唯一の35ミリ一眼レフ Asahiflex

アサヒフレックスの広告です。近代機構と紹介しているだけあって、カットモデル風のイラストを載せたり、500ミリの超望遠レンズなど、当時としては他には無い特徴が出ているように思います。
195410s
ただし、まだ、レトロフォーカスタイプの広角レンズは出ておりません。
日本光学では、この頃、ライカM3に対抗すべく?ニコンS2の発売準備をしていた時期になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニコンF時代のケース類

1969年春頃のニコン用品のうち、ケース類を紹介したページです。
19693s
これには、まだ、250枚撮り長尺マガジン用皮ケースが専用品で出ておりますが、F2の時代も後半になってくると、こちらのケースはKリング用皮ケースが代用品となってしまいます。

これらの時代はほとんどの品に革製品が使われていましたので、今でも使うことが可能な物が多数ありますが、後のFB-8以降くらいからでしょうか、クラリーノのような合成皮革製品が徐々に増えて来て、今では表皮が剥離し、内部の白い繊維状の物も風化したように粉っぽくなって実用にできなくなってしまった物を見かけます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビギナーにも親しみやすい、ハイコストパフォーマンスの広角

ニコンレンズシリーズEの国内版では唯一の単焦点広角レンズです。(海外では28mmF2.8も有り)
35mmf251s
35mmf252s
当時の価格は20000円でした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

外国語のカタログ ニコンカメラ アクセサリーカタログ

アメリカ現地法人が出していたレンジファインダー時代のニコンカメラ用アクセサリーカタログです。
12s
34s
56s
78s
以前にニコン・エキステンション・ホルダーを紹介しましたが、その時この中の一部のページを紹介しました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

1000mmF6.3

東京オリンピックの頃、昭和39年のニコンFシリーズ用ニッコールレンズカタログの超望遠レンズ部分などです。
1000mmf63s
これには、ニコン(S)マウントで出ていた物が載っています。
このレンズは絞り機構がありませんので、深度の調節が出来ず、1000mmでF6.3ですとスポーツ撮影は大変だったろうと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ニコンF3 ハイアイポイント

下は1980年のフォトキナで発表したニコン製品のカタログの表紙です。(日本語版)
1s
この時発表された中に、ニコンF3関連では下のようなDE-3ファインダーや250枚撮りフィルムバックMF-4などがありました。
De3_mf4s
因みに、ニコンF3HPが発売されたのは1982年3月で、発表から1年余後になりました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

オリンパスペン 1000万台の歴史

1981年9月発行のカメラレビュー19号には設計者である米谷氏による「オリンパスペン1000万台の歴史」という記事が載っていました。
1s
2s
3s
4s
5s
この記事の冒頭には「最初のオリンパスペンを発売したのは、昭和34年だった。もう22年前のことである。」と書かれていました。今、あらためて、この記事を読み返してみました、記事から更に30年が経っていますが、今でもペンという名はデジタルカメラに残っています、ペンFシステムやOMシステムを作られ亡くなられた米谷氏の偉大さを感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1970年代半ばのニコン顕微鏡 

1974年頃の日本光学製品を紹介したカタログの中の顕微鏡を紹介したページです。
1974all1s
1974all2s
ザックリとですが、当時のニコン顕微鏡とその関連製品を知ることができます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あるままの弱光下で写す 非球面・超高速レンズ ノクティルックス

ライツ社の日本代理店であったシュミットから出ていた、非球面レンズを使用した、初代ノクティルックスのカタログです。
S
S_2
1966年のフォトキナで登場、35ミリカメラの市販レンズにいわゆる精研削非球面レンズを初めて使用した事で有名ですね。
Photo


| | コメント (0) | トラックバック (0)

キヤノンと日本光学のポスター

1954年伊藤憲治氏作成のキヤノンのポスターです。
1954ito_kenjis
これと時期をほぼ同じくして、日本光学では亀倉雄策氏からのポスターを発表しています。
1954s


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »