« ビギナーにも親しみやすい、ハイコストパフォーマンスの広角 | トップページ | 洗練された近代機構 国産唯一の35ミリ一眼レフ Asahiflex »

ニコンF時代のケース類

1969年春頃のニコン用品のうち、ケース類を紹介したページです。
19693s
これには、まだ、250枚撮り長尺マガジン用皮ケースが専用品で出ておりますが、F2の時代も後半になってくると、こちらのケースはKリング用皮ケースが代用品となってしまいます。

これらの時代はほとんどの品に革製品が使われていましたので、今でも使うことが可能な物が多数ありますが、後のFB-8以降くらいからでしょうか、クラリーノのような合成皮革製品が徐々に増えて来て、今では表皮が剥離し、内部の白い繊維状の物も風化したように粉っぽくなって実用にできなくなってしまった物を見かけます。


|

« ビギナーにも親しみやすい、ハイコストパフォーマンスの広角 | トップページ | 洗練された近代機構 国産唯一の35ミリ一眼レフ Asahiflex »

Nikon Accessory」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/52153895

この記事へのトラックバック一覧です: ニコンF時代のケース類:

« ビギナーにも親しみやすい、ハイコストパフォーマンスの広角 | トップページ | 洗練された近代機構 国産唯一の35ミリ一眼レフ Asahiflex »