« 1970年代半ばのニコン顕微鏡  | トップページ | ニコンF3 ハイアイポイント »

オリンパスペン 1000万台の歴史

1981年9月発行のカメラレビュー19号には設計者である米谷氏による「オリンパスペン1000万台の歴史」という記事が載っていました。
1s
2s
3s
4s
5s
この記事の冒頭には「最初のオリンパスペンを発売したのは、昭和34年だった。もう22年前のことである。」と書かれていました。今、あらためて、この記事を読み返してみました、記事から更に30年が経っていますが、今でもペンという名はデジタルカメラに残っています、ペンFシステムやOMシステムを作られ亡くなられた米谷氏の偉大さを感じました。

|

« 1970年代半ばのニコン顕微鏡  | トップページ | ニコンF3 ハイアイポイント »

NikonF」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/52110917

この記事へのトラックバック一覧です: オリンパスペン 1000万台の歴史:

« 1970年代半ばのニコン顕微鏡  | トップページ | ニコンF3 ハイアイポイント »