« 赤外線写真 うんちくばなし12 | トップページ | 昭和30年初め頃のカメラ価格表 »

M3ライカ 構造の解説

ライカM3型発売から半年過ぎた頃の機構の解説記事です。
1s
2s
3s
4s
5s
6s
7s
解説記事の執筆は、キヤノンカメラの左合義治氏です、当時の日本の光学メーカー各社がライカM3を研究していた様子が伺えます。

|

« 赤外線写真 うんちくばなし12 | トップページ | 昭和30年初め頃のカメラ価格表 »

Nikon RF Camera」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: M3ライカ 構造の解説:

« 赤外線写真 うんちくばなし12 | トップページ | 昭和30年初め頃のカメラ価格表 »