« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

最近の35ミリレンズを語る 昭和29年春の座談会

アサヒカメラ昭和29年3月には「最近の35ミリレンズを語る」とした小穴純氏、木村伊兵衛氏、小秋元隆輝氏、鈴川溥氏による座談会記事が載っておりました。

12s
34s
56s
77s
座談会に参加された4氏は、個人的に関心の高い方々ばかりでしたので、内容も興味を持って読むことが出来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サーボEEファインダーは何をもたらすか。

キヤノンF-1が発表されて間もない頃の広告です。
Ee1s
Ee2s
そして、下が解説記事になります。
Ees


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニッコールレンズ 画角の違い

ニコンFの頃から、ニッコールレンズの画角の違いを、同じ被写体で比較撮影した画像をカタログ等に載せていましたから、同様のものを目にした方も多いかと思います、一応、こちらは昭和51年頃の「ニコンの世界」に載っていたものです。
1s
2s
こういった撮影には、ニコンF2などの視野率100%が有り難いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニコンSPと達磨

ニコンSP(とS3)の英語版の宣伝です。
日本光学工業株式会社の出した物では無いようですが、右上の両目の入っただるまの画像がユーモラスで個人的には好感を持っています。
S「Nikon A CELEBRATION」より


| | コメント (3) | トラックバック (0)

カメラの電子音 新カメラの豆知識53

53s
ニコン新聞掲載のコラム記事「新カメラの豆知識」53回目はカメラの電子音についてでした。
カメラの電子音で私が真っ先に思い出すのは、ニコンEMの警告?音で、馴染め無かった事もあり、暫くして軍艦部を開けてブザーの線を切ってやりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フェニックスについて

1s
2s
当時オリオン精機が開発していたフェニックスに付いての記事です。
このフェニックスとは、後のミランダの原型でして、ご存じの方も居られると思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ズームレンズ一覧表 1981年

1981年頃のズームレンズ一覧表です。
1s
2s
3sカメラレビュー18号より

当時の市販カメラ用ズームレンズが載っています。日本のメーカーがほとんどを占めています。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

人間の創造領域を広げる NikonF

19715s
写真工業1971年5月号に載っていた日本光学の広告です。

この広告より約2か月ほど前に、キヤノンF-1が大々的に発表されました。
私の感覚では、この頃からでしょうか、ニコンFなどのニコンカメラも、ブラックモデルの比率が高くなってきたように思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブライトビュースプリット 新カメラの豆知識48

ニコン新聞259号の豆知識48では、スプリットイメージ部の技術について説明しています。
48s
近年の明るいスクリーンはマット面だけでなく、中央測距部のスプリットイメージ部にもこうした技術が使われているのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昭和30年初め頃のカメラ価格表

写真工業1960年2月号に載っていたカメラの価格表です。
30s
前年の半ば頃にはライカM3が登場し、年末にはニコンS2が登場したばかりの時期です。その為、ニコンカメラはS型とS2型の価格(ケース含む)が載っています。生憎コンタックスの価格は載っておりませんが、M3型の価格が相当高価であったことは分かりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

M3ライカ 構造の解説

ライカM3型発売から半年過ぎた頃の機構の解説記事です。
1s
2s
3s
4s
5s
6s
7s
解説記事の執筆は、キヤノンカメラの左合義治氏です、当時の日本の光学メーカー各社がライカM3を研究していた様子が伺えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤外線写真 うんちくばなし12

トップアイ81号掲載のコラム記事うんちくばなし12は赤外線写真に関するものでした。
12s

これには、カラーの赤外フィルムは出てきませんでしたが、当時、下のようなモノクロとカラーの赤外フィルムが市販されておりました。
S


| | コメント (1) | トラックバック (0)

ニコンF3の製品テスト

下はニコンF3テクニカルマニュアル英語版に載っていた製造過程で行われていた各種テストの一部を紹介したものです。
F31s
F32s
振動、衝撃、耐久、漏光、耐寒/耐熱などの各試験を紹介しています。
この辺りの試験は現在のデジイチにも通じるものではないかと思います、果たして同一試験をして比較してみたら、
D3系やF6のほか歴代のF一桁機やニコンカメラではどれが一番成績(歩留り)が良いのでしょうかね。少し興味があります。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ニコンF/F2などとFM系のアイピースやアイカップの寸法

ニコンF/F2などとFM系のアイピースやラバーアイカップの寸法図です。
F2fm


F2fm_2

ねじ径は同じですので、F2などにFM系の物を使うのは大丈夫ですが、逆は裏蓋に干渉しますので、裏蓋を開ける度に外す必要に迫られます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高感度リバーサルフィルム サクラカラーASA50

19611s_2

写真工業1961年1月号の裏表紙に載っていたサクラカラーの新製品広告です。
お正月の雑誌だからでしょうか、金色のインクを使って煌びやかな印象です。

でも、手書きの箱の文字はやや不自然ですね。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブロニカ用大口径望遠レンズ

昭和35年末頃に出たブロニカ用の望遠レンズの広告です。
これには、日本光学やニッコールといった文言は1つも出て来ておりませんでした。
19611s
これら2本のレンズ、鏡胴のマウント廻りなどは違いますが、光学系は皆さんご存知のように、ニコンS系(レフボックス併用)/ニコンF系(N-Fリング併用)の同焦点距離レンズと同一の物です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ニコレックス8 新発売広告

写真工業昭和36年3月の日本光学の広告です。
こちらは新発売になった「ニコレックス8」で、3つの自動を宣伝しています。
8s
自動露出、焦点調節不要、自動巻き上げと3つの自動化はニコンF系一眼レフでは市販モデルの場合、F3AFの出現まで、試作品では1971年頃の試作AFニッコール80mmレンズを付けたニコンF2フォトミックS+DS-1(含むMD-1)の時と開きがあります。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

クローズアップレンズNo.1、No.2 使用説明書

Closeup_lenss
昭和37年頃のクローズアップレンズ使用説明書です。当時は「近写補助レンズ」と表記していました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

100万円ラッキーセール

昭和36年初夏頃の日本光学の広告です。
19616100s
上方の幾何学的なデザインはおそらく亀倉雄策氏の手によるもので、この頃は頻繁に氏のデザインが使われていました。
下の方にタイトルのあるように「100万円ラッキーセール」が当時開催されていました。これは、この頃既に発売から1年ほど経過していた普及機ニコレックス35の販売テコ入れの為だったようです。しかし、結局は昭和36年9月の販売終了までに23000台ほどが国内外で製造販売されたにとどまり、翌年登場の改良版のニコレックス35II型へバトンタッチされました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20人の名タレント 30人の名アシスタント

写真工業1961年9月号の日本光学の広告です。
以前の広告では「24人の選手」でしたが、今回は20人の名タレントです。
20s
当時登場(予定含む)していたニコンFマウントのレンズ構成図を並べた広告です、その中で、少し下がった構成図のレンズ名を当てるクイズも出題されていました。

今回あえてそのクイズの答えは載せませんので、皆さんも考えてみてはいかがでしょう?
と言っても、交換レンズの中では最もポピュラーなレンズの1本ですから、熱心なニコンファンなら、難しくはないと思います。それよりも、発売予定でお蔵入りしたワイドズームがこちらにも載っていて、直前まで(発売中止の)変更は無かったのではと感じられるほど見る機会が多かったように思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

瞬間遊戯

ニコンニューFM2、FE2、FAの1/4000秒トリオの広告です。
1984s
この女性が(着水直後の)水面に立っているかと思わせる写真が載っている広告を見たことがある方も多いかと思います。
そして、当時、このような楽しい写真から1/4000秒といった高速シャッターを使えるカメラに魅力を感じた方も居られるのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映像電池

1984年頃のソニー・エバレディ社のカメラ用電池の広告です。
S

この頃はカメラ用電池も既に銀電池やリチウム電池を使うカメラが多かったように思いますが、水銀電池もまだ市民権が残って?いた時代でした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

カラー写真の退色について

カメラレビューNo.30には「カラー写真が消えていく」としたタイトルでの記事が掲載されておりました。
S
1s
2s
3s

現在はデジタルカメラですから、データさえ残っておれば大丈夫なのでしょうが、そのデータの保存方法が今度は心配になってきますね。
私は、フィルムを旧型のフィルムスキャナでデジタル化していました、そして、それらデータを複数のメディアに残してはいますが、果たしてそのデータも何年持つのでしょうか。永年の実績のあるモノクロ写真を習って、そのうち、先祖返りではないですが、銀塩のモノクロフィルムの粒子を利用してデジタルデータを保存するなんて事にはならないでしょうか?(汗)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ニコンプロネア600i 新製品広告

600is
ニコンが出した中では、当時最も高機能なAPS一眼レフと言える、プロネア600iが広告に初登場した時のものです。
結局、後継機が出ませんでしたから、最初で最後の高機能モデルと言えそうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニコンFM10とおもしろレンズ工房 新製品情報

ニコン新聞1995年11月号に載っていたニコン新製品情報の中のFM10とおもしろレンズ工房の部分です。
199511s
ニコンFM10は同年10月に本体が発売されており、12月のボーナス商戦にこのズームセットを投入したと言う事でしょうか。このモデル、現在も現行品ですから、登場して既に16年目なんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニコンF3AF 新発売時カタログ

120s
13s
45s
67s
89s
1011s
1213s
1415s
1617s
1819s
ニコンF3AFモデルの新発売時のカタログです。日本光学Fマウント初の市販AFカメラでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ニコンF2フォトミックS 他新製品情報

ニコンF2フォトミックSが登場した時の新製品情報の該当ページです。
Ss
フォトミックSのDP-2ファインダーやEEコントロールアタッチメントDS-1他付属のアクセサリーが紹介されています。
また、他にニッコールオート15mmF5.6や16mmF3.5の魚眼レンズ、SB-2、3といったスピードライトなどが載っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フォーカシングユニットによるNikonF用超望遠レンズ 使用説明書

013s
14s
58s
912s
東京オリンピックの頃、報道機関などに持て囃されたニコンF用超望遠レンズの使用説明書です。


| | コメント (12) | トラックバック (0)

SMAIL機種コード表

1980年台頃までの古いニッコールレンズの機種コード表です。
Smails


| | コメント (0) | トラックバック (0)

宣言 はじめての手持ち6×7。

67s
マキナ67の広告です。
このカメラ、コンパクトに収まりますし、装着されているニッコールレンズも評判は良かったですね。重さも、ニコンF2フォトミックにF1.2の標準レンズを付けた程度で、距離計連動、露出計内蔵と使い易く、今でも人気のある中判カメラの1つです。

*:プラウベルマキナ 67の仕様

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »