« 昭和30年初め頃のカメラ価格表 | トップページ | 人間の創造領域を広げる NikonF »

ブライトビュースプリット 新カメラの豆知識48

ニコン新聞259号の豆知識48では、スプリットイメージ部の技術について説明しています。
48s
近年の明るいスクリーンはマット面だけでなく、中央測距部のスプリットイメージ部にもこうした技術が使われているのですね。

|

« 昭和30年初め頃のカメラ価格表 | トップページ | 人間の創造領域を広げる NikonF »

Nikon Camera」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブライトビュースプリット 新カメラの豆知識48:

« 昭和30年初め頃のカメラ価格表 | トップページ | 人間の創造領域を広げる NikonF »