« ナショナル写真閃光乾電池 | トップページ | ニコンレンズシリーズE50mmF1.8とAIニッコール50mmF1.8の比較 »

初めて理想に近づいた 完全正像カメラ 

1957年10月のアサヒカメラに載っていたアサヒペンタックスの広告です。
Ap1957s
日本光学ではこの頃ニコンSPが発表され、価格はF1.4付で98000円と、アサヒペンタックスAPにF2付きのほぼ倍の定価でした。APのブラックボディの価格が載っていないのが残念です。

|

« ナショナル写真閃光乾電池 | トップページ | ニコンレンズシリーズE50mmF1.8とAIニッコール50mmF1.8の比較 »

Nikon etc.」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/51643413

この記事へのトラックバック一覧です: 初めて理想に近づいた 完全正像カメラ :

« ナショナル写真閃光乾電池 | トップページ | ニコンレンズシリーズE50mmF1.8とAIニッコール50mmF1.8の比較 »