« キヤノン高速モータードライブカメラ | トップページ | 50mm引き伸ばしレンズ比較 »

ニコンF2高速モータードライブカメラ 解説記事

前日のキヤノンに続き、今回はニコンF2です。
1s_2
2s_2
3s
4s
4ページにわたり解説されており、ニコンF2ハイドラの中では割合詳しい内容となっています。

|

« キヤノン高速モータードライブカメラ | トップページ | 50mm引き伸ばしレンズ比較 »

NikonF2」カテゴリの記事

コメント

 今では秒10コマは最高機種クラスに付いているので特別珍しくはありませんが、当時は秒5コマが最高峰の時代ですので、スーパーな存在でした。キヤノンもそうですが、当時のダブル電池ボックスのいかつい姿の特殊機は迫力ありますね。
 実際に手持ちで撮影する時にはモードラと電源ボックスをコードでつないで、電源部分は別にして軽くできます。
 確かこのモデルは1980年のモスクワ五輪を想定してニコンが開発したと記憶しています。
 ハーフミラー搭載のため、ファインダー像が通常機種よりやや暗く、露出補正が必要(3分の1プラスに)で、中間シャッターで調整します。(F3Hは中間が使えず)

投稿: しんじ | 2011年5月21日 (土) 18時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/51688492

この記事へのトラックバック一覧です: ニコンF2高速モータードライブカメラ 解説記事:

« キヤノン高速モータードライブカメラ | トップページ | 50mm引き伸ばしレンズ比較 »