« 白黒と同じ調子で撮ればいいのです | トップページ | チタン幕 »

ニコンFE2 新発売広告

ニコンFE2が新発売された時の広告です。
広告内の写真はニコンFE2新発売時のカタログの表紙に似たもので、同じレスキューのヘリを扱ったものでした。
S
ヘリコプターのローターブレードが止まっている事からの類推ですが、恐らくは高速なシャッター速度が売りでしょうから、広告内の写真も1/4000秒で撮られていると思われます。また、ローターに歪が無い事から幕速の速さを示しているようにも感じました。
ただし、これはヘリコプターのローターブレードが速く回っているという私個人の先入観から抱かせる印象です、実際はどの程度の速さで回っているのか知りませんので、その実は、案外遅くて1/125秒程度でも、それほど歪も無く写せたりするのかもしれません。

|

« 白黒と同じ調子で撮ればいいのです | トップページ | チタン幕 »

Nikon Camera」カテゴリの記事

コメント

Westpac Rescue Helicopter. ニュージーランドでは、モデルこそ違うけれども、今でも活躍しています。Nikon FE2もまだまだ人気化あるようです。

投稿: Ben | 2011年4月27日 (水) 13時09分

この広告の写真を見ていると幕速の速さと安定していることを印象付け、日中シンクロにおけるTTL自動調光システムが十分安定したものであることを印象付けることにあったのではないでしょうか。

TTL自動調光システムはこのFE2とFA用に創られたと思うのですが、この発表を控えた時期、アメリカのドル安政策により、ドル決済をしていた海外営業部から、値上げをしないで利益が出せるカメラの必要性からニコンFGが急遽ニコンEMを母体にして設計製造されたとのことですが、ドル安の関係で海外での発売価格の見直しを迫られたFE2、FAの売り上げ見通しを立てるために、FGに初めてTTL自動調光システムを装備して海外市場に送り出したように思えます。

FGのTTL自動調光システムは外部自動調光ストロボと比べるとストロボの影が出ない性能を持っているので、日中シンクロに有利なFE2はいまでも人気があるのはうなづけます。

投稿: ガタピシ | 2011年5月 3日 (火) 18時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/51493397

この記事へのトラックバック一覧です: ニコンFE2 新発売広告:

« 白黒と同じ調子で撮ればいいのです | トップページ | チタン幕 »