« キヤノンフレックスRPとR2000 | トップページ | オートレベルAS/AS-C »

アングルファインダーとマグニファイヤー

下はニコンテキストにあった、ニコンF2中期頃のアングルファインダーとマグニファイヤーの説明部分です。
S
これらファインダーはニコンF時代からの型番の無い物で、アングルファインダー(登場時3500円、終了時5000円)は説明のように正立逆像でやや使い辛い物でした。これは昭和51年末くらいにDR-2(11000円)が出るまで続きました。しかし、この正立正像のDR-2もニコンFM登場時、FMの使用には向かない為(裏蓋と干渉する)、翌年末には対応品のDR-3が登場しました。
一方、マグニファイヤー(登場時2500円、終了時3500円)はDR-2が出てもモデルチェンジせず継続販売されていましたが、こちらもニコンFMには向かない為、昭和52年末には同様にDG-2(3500円)とバトンタッチされました。因みにDG-2は現在も現行品で5000円(税別)と長寿アクセサリーの1つとなっています。

|

« キヤノンフレックスRPとR2000 | トップページ | オートレベルAS/AS-C »

Nikon Accessory」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/50500338

この記事へのトラックバック一覧です: アングルファインダーとマグニファイヤー:

» 読者モデル特集 [読者モデル特集]
読者モデルについての情報サイトです。よろしければご覧ください。 [続きを読む]

受信: 2011年1月 6日 (木) 13時54分

« キヤノンフレックスRPとR2000 | トップページ | オートレベルAS/AS-C »