« ニューヨーク五番街のニコン ニコンの軌跡9 | トップページ | ニコン愛用者の3つの誇り! »

強調したいのは、迫力か、情感か。 ニコン広角レンズシリーズ

広角系ニッコールレンズ11本の広告です。
751112s

また、当時の現行機ニコンF2、ニコマートEL、FT2の3機種もそれぞれに28mmF3.5、35mmF2.8、28mmF2.8が付けられていて、しっかりカメラの宣伝にもなっています。

|

« ニューヨーク五番街のニコン ニコンの軌跡9 | トップページ | ニコン愛用者の3つの誇り! »

Nikkor Lens」カテゴリの記事

コメント

今では当たり前すぎますが、28ミリや24ミリの広角の効果によるディフォメルによる迫力が、アマチュア写真に新風を吹き込んでいたように思います。

私は広角のディフォルメされた写真が好きでなかったこともあり、初めて手にした広角レンズは、ニコンSシリーズ用の3.5cmF2.5でしたが。オートニッコールが出ているのに。

いまはマルチコートの28ミリF3.5とAi-S24ミリF2.8も使っていますが。

投稿: ガタピシ | 2010年12月22日 (水) 10時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/50283578

この記事へのトラックバック一覧です: 強調したいのは、迫力か、情感か。 ニコン広角レンズシリーズ:

« ニューヨーク五番街のニコン ニコンの軌跡9 | トップページ | ニコン愛用者の3つの誇り! »