« 55回目の夏 「ニコンの軌跡」4より | トップページ | ニコン テント村の歴史 »

ハイスピードモータードライブMD-2?

初期のニコンF2カメラ店向け資料にはモータードライブシステム説明部分に当初から市販予定である最高秒5コマのモータードライブMD-1の他に、秒7コマのMD-2も用意されていると明記されていました。(赤の下線部分)
Mds
皆さんご存じのように、この秒7コマのハイドラMD-2は実際には発売されず、MD-1の改良モデルとして1974年9月に登場しました。
このカタログ発行の頃(1971年冬)、(翌年初めにはサッポロオリンピックが行われる為に、)既にニコンF用の秒7コマ版ハイドラが報道向けに用意されていましたが、新たに新機種であるF2用のハイドラも開発、準備していたのかもしれないと想像を膨らませてしまいました。これまた、想像ですが、キッチリと調整した専用のボディと専用のモーターで秒10コマを実現したMD-100付きののF2ハイドラは、ハーフミラーを採用しミラーアップを不要とした物でしたが、この秒7コマの仮?MD-2は通常モデルへ付ける想定のように思われますので、強力なモーターとバッテリーにより回転数を上げた物で、当然ミラーアップしての撮影が条件ではなかったかと思っています。

もし、このMD-2が報道向けサッポロモデルとしてでも登場していたなら、発売間も無いF2の宣伝効果も大きかったのではないかと思ったのですが、信頼性?耐久性?使い勝手?いろいろな疑問符が考えられますが、結局はニコンF用の秒7コマのハイドラのみの登場でした。また、モントリオールオリンピックの時にもハーフミラー採用のニコンF用秒9コマのハイドラとなり、先のMD-100付き秒10コマのF2用ハイドラは78年まで待たねばなりませんでした。

|

« 55回目の夏 「ニコンの軌跡」4より | トップページ | ニコン テント村の歴史 »

NikonF2」カテゴリの記事

コメント

ニコンF2は登場した時、Fの直線的なデザインと比べて丸味を持たせたデザインのF2は華奢なイメージがプロには強かったとゆうことで、ニューFと呼ばれるFの製造販売が3年間F2と併売されたとゆうことを読んだことがあります。

Fの使い難い部分を使いやすくしたF2も耐久性はFに劣るものでないことを今日の私たちは知っていますが、プロは失敗することをゆるされないため、保守的だったとゆうことでしょうか。

投稿: ガタピシ | 2010年11月30日 (火) 16時59分

●いつも楽しく拝見しております。 今回も小生お気に入りのF2カメラのお話で、大変興味を持ちました。 ●初代(!?)のMD-2があったのには驚きました。F2Hのようにバッテリーが二重だったのでしょうか・・・Fを超える意味からはファインダーから像が消えない+高速連写性能というF2Hの仕様がどうしても必要であったと想像します。 ●ここで実際の撮影でご教示いただきたいのは「高速モータードライブを使用時に、スキー場や雪山でフィルムが硬化しなかったのか?」ということです。スプロケットの穴が裂けそうな位に寒いのですが・・・。

投稿: ふみとパパ | 2010年12月 1日 (水) 08時54分

1971年冬当時の販売店向けのカタログに最高秒7コマのMD-2の用意が明記されていたと云う事は、ミラーアップで秒7コマの連写が可能な試作モードラが存在していたと見なすべきでしょうね。
1972年2月の札幌冬季オリンピックでは、実績があるFがベースの秒7コマのF高速モータードライブカメラの使用しか伝わっていませんが、このMD-2試作機を報道関係者が試した可能性は考えられますね。
しかし、F2自体が発売間もない新機種で実績も乏しく、信頼性も未だ不安があったこと、F高速モードラとほとんど同じスペックでは本番での使用がボツになっていても不思議ではないです。

同年の8月、9月に開催されたミュンヘン夏季オリンピックでは、1972年2月発売とされるキヤノン独特のペリクルミラー(厚さ20ミクロンの薄膜ハーフミラー)を使用した最高秒9コマのF-1高速モータードライブカメラの本格的な使用が伝えられています。
このミュンヘンでも試作MD-2が持ち込まれた可能性は考えられます。
ミュンヘンで通常のF2+MD-1使用が報告されていれば、その中にはF2(特別調整品の可能性もあり)+試作MD-2も入っていた可能性もありますね。
ただし、具体的な報告例を私は知らないので、今のところ単なる想像にしか過ぎません。

ミュンヘン等でのF-1高速モードラの使用評判の影響か、次の1976年のモントリオール夏季オリンピックでは、ニコンもハーフミラー使用の高速モードラを用意しますが、ここでもF2がベースではなく、当時既に製造ラインを閉じていたNEW Fをベースにしたものになったのは興味深いです。
新しいF高速モータードライブカメラは、薄ガラスのハーフミラーを使用した最高秒9コマの高速モードラとして登場します。
このF高速モードラとF-1高速モードラは、最高シャッター速度が1/1000秒、内蔵露出計なし、手動絞り式、外部電源方式など概要は同じで、細かい仕様や形態の違いを除けばスペック的には似たようなものとなりました。
F高速モードラがF-1高速モードラと同じ秒9コマながら電源部は、F-1高速モードラの単三電池20本(30V)に対して単三電池16本(24V)で済んでいるのは、F高速モードラの高速駆動に要する所要トルクの少なさを物語っています。
幕速も速く、シャッターチャージの所要トルクも大きいF2をベースにしていたら、秒9コマ仕様にしていても、その後のF2高速モータードライブカメラ(F2H)に近い形態になっていたかもしれません。

投稿: MARK12 | 2010年12月 1日 (水) 20時36分

野外でのフィルムの硬化対策は機材の防寒具を使用したのではないでしょうか?

高速モータードライブ用の、防寒具は見たことはありませんが、フィルム使用のムービーカメラ用の防寒具は鉄道ジャーナル社から出ている「くろがねの馬」の撮影をしている時の写真で見たことがあります。

高速モータードライブ用の防寒具はニコンの方で政策提供したのか、各新聞社がカメラマンの意見を聞いて外部に発注して各社それぞれのものを用意したのか、フリーの人は自分たちで自作したのかは分かりませんが、防寒具の使用は野外での撮影には欠かせなかったのではないでしょうか?

投稿: ガタピシ | 2010年12月 2日 (木) 09時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/50145438

この記事へのトラックバック一覧です: ハイスピードモータードライブMD-2?:

« 55回目の夏 「ニコンの軌跡」4より | トップページ | ニコン テント村の歴史 »