« ムル井フムーロク 菊 | トップページ | オプトテクノロジーの未来へ。  Nikon新聞1985年1月号 »

S2そっくりさんの仕様

以前にS2そっくりさんとして紹介したメルコンII型とタナックSDの仕様などです。
S
Sds(カメラ年間1958~9年版 日本写真機工業会編より)

|

« ムル井フムーロク 菊 | トップページ | オプトテクノロジーの未来へ。  Nikon新聞1985年1月号 »

Nikon RF Camera」カテゴリの記事

コメント

ニコンがライカマウントを採用していればⅠ型からこんな感じになったのかなと思えます。

ライカのスクリューマウントは工作が簡単で、ボディーとの密着性が良いとのこと。
当時はバヨネットマウントと呼ばれていた、ねじ込みでない、マウントをニコンは採用。

現在は研究されたり資料が出版されているので細かいことは書かず、この時代、父から聞いたことを書きます。

ニコンが採用したのはバヨネットマウントと言ってな、バヨネットとは銃剣のことで、銃剣を小銃に着剣するのと同じでレンズをボディーに簡単簡単に付けられるからバヨネットマウントと言ったんだ。
工作精度を出すのは、ライカのスクリューマウントより難しいンだぞ。
と、父から聞かされたものでした。

投稿: ガタピシ | 2010年10月 7日 (木) 12時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/49637959

この記事へのトラックバック一覧です: S2そっくりさんの仕様:

« ムル井フムーロク 菊 | トップページ | オプトテクノロジーの未来へ。  Nikon新聞1985年1月号 »