« ファインダーシステムについて | トップページ | ニコンF2広告 名機の精神を名機が受継ぐ。 »

ニコンF2S+DS-1、キヤノンF-1+サーボEE、ミノルタX-1 簡易技術資料

写真工業1974年5月号には「35ミリTTL・EE一眼レフを検討する」が特集され、その中に機種ごとの簡易技術資料が掲載されていました。


7451s
7452s

上はその中のニコンF2フォトミックSにEEコントロールアタッチメントDS-1付き、キヤノンF-1にサーボEEファインダー付き、ミノルタX-1のEEファインダー付きそれぞれの簡易技術資料です

この頃はフジカST901と言ったようなファインダー内にLEDでシャッター速度の表示がでるカメラも登場しだした時期でもありました。キヤノンF-1の開発が進みだした1960年代半ばの技術での上のようなEE系ファインダーと、ST901ようなLED表示のAEとは同じ誌面の同じ特集でも随分開きを感じ、技術の進歩を感じたものです。

|

« ファインダーシステムについて | トップページ | ニコンF2広告 名機の精神を名機が受継ぐ。 »

NikonF2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/49742991

この記事へのトラックバック一覧です: ニコンF2S+DS-1、キヤノンF-1+サーボEE、ミノルタX-1 簡易技術資料:

« ファインダーシステムについて | トップページ | ニコンF2広告 名機の精神を名機が受継ぐ。 »