« カメラでは唯一の五ヶ年間品質保証付 キヤノンIV-SB | トップページ | AF補助光 うんちくばなし19 »

マイクロニッコール55mmF2.8 テスト記事

写真工業1980年9月号には各社の標準域の接写用レンズの特集が組まれ、その中のマイクロニッコール55mmF2.8のテスト記事を紹介します。

Micronikkor50mmf28aistest
マイクロニッコールやウルトラマイクロニッコールといった接写複写分野(拡大/縮小撮影)は昔から定評があり、結果は概ね良い評価でした。
仕様などは以前紹介しましたものを参考にしてください。
Aiマイクロニッコール55mmF2.8は存在したのか?
Aiマイクロニッコール55mmF2.8は存在したのか?続編

|

« カメラでは唯一の五ヶ年間品質保証付 キヤノンIV-SB | トップページ | AF補助光 うんちくばなし19 »

Nikkor Lens」カテゴリの記事

コメント

このレンズがニコンのMFレンズとして最も生産数が多く、これからもまだ当分生産は続けられるレンズになるでしょう。

このレンズの調査が一番やっかいになるでしょうね。
写真用ではなく生産ロボットの組み立ての位置決めをするパーツとして使われているからです。
ニコンにしてみると補修用も含めて、最も利益を上げているレンズかもしれません。

このレンズが組み立てロボットのパーツをセットする位置決め用に選ばれたのは、それだけ優秀で信頼性が高かったとゆうことでしょう。


投稿: ガタピシ | 2010年10月31日 (日) 17時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/49877134

この記事へのトラックバック一覧です: マイクロニッコール55mmF2.8 テスト記事:

« カメラでは唯一の五ヶ年間品質保証付 キヤノンIV-SB | トップページ | AF補助光 うんちくばなし19 »