« 今後も絶えまない技術の研究、開発を  (座談会) | トップページ | ニコンF4 ファインダーDP-20展開図 »

U.S.CAMERAが選んだ世界の8大カメラ 1958年

1958年5月のアサヒカメラ誌の旭光学工業株式会社の広告です。

Ap1958s
これには、8大カメラとしてアサヒペンタックス、キヤノン、ニコン、ライカ、コンタックス、エキザクタ、プラクティナ、アルパが選ばれていました。
しかし、機種名は載っておらず、国産カメラで当時の現行機種で推察しますと、アサヒペンタックスはAP型(後に命名)、キヤノンはVT/VL型、ニコンはSP型であるように思います。

広告中の文言に『これらカメラは自動車でいえば、キャデラックかロールスロイスのようなものだ。』
といったものが見られます。さすがに少々大袈裟な感は否めませんが、カメラが大衆化してきたとは言え、まだ、この頃は高級カメラはある種のステータスシンボルであった事は間違いなかった時代でもありましたし、一眼レフカメラはその中にあって、最新のカメラでもありましたので、この文言を引用したあたり、アサヒぺンタックスの相当の自信の現れでもあったのでしょう。
その後、アサヒペンタックスの一眼レフは、いち早くTTL露出計内蔵のSPを発表し、大ヒットした事は皆さんご存じのとおりです。

|

« 今後も絶えまない技術の研究、開発を  (座談会) | トップページ | ニコンF4 ファインダーDP-20展開図 »

Nikon RF Camera」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/49580221

この記事へのトラックバック一覧です: U.S.CAMERAが選んだ世界の8大カメラ 1958年:

« 今後も絶えまない技術の研究、開発を  (座談会) | トップページ | ニコンF4 ファインダーDP-20展開図 »