« 画角100°ドラマチックな空間 Aiニッコール18mmF4 | トップページ | ニコンF2のライバル キヤノン F-1初期カタログ 後編 »

ニコンF2のライバル キヤノン F-1初期カタログ 前編

以前にニコンF2のライバル キヤノン F-1としてキヤノンF-1初期のカタログの表紙などを紹介しました。今回は新発売時のカタログ第3弾として、このキヤノンF-1を取り上げます。
このカタログは表紙、裏表紙など4頁分を除いても44頁にも及ぶ豪華なカタログでしたので、スキャンにも時間が掛り、今回は取りあえず、前編として半分を紹介します。


S
01s
23s
45s
67s
89s
1011s
1213s
1415s
1617s
1819s
2021s

添付されていた別紙の価格表はこちらを参考にして下さい。

|

« 画角100°ドラマチックな空間 Aiニッコール18mmF4 | トップページ | ニコンF2のライバル キヤノン F-1初期カタログ 後編 »

Nikon etc.」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
本当に力の入ったカタログですね。測光についての項目やシャッター精度について、アクセサリーの互換性についての項目などF2を非常に意識している事が伺えますね。
F-1は実物を部活動の先輩が所有しているので実際触れたことがあるのですがその丁寧な作りには本当にびっくりしました。塗装の仕上げが本当に美しいのです。また各操作の感触もなかなかでした。さすがF2と肩を並べるだけの事はあるなと思いました。

投稿: igay | 2010年8月13日 (金) 01時07分

igayさんの先輩のお持ちのF-1は180°巻き上げタイプのものでしたか?
それともF2と同じ巻き上げ角度のF-1Nだったのでしょうか?

F-1は多重露出の仕方で3タイプに分けられます。
私はその2タイプ目のボディーを長年使いましたが、多重露出はいまもしたことがありません。
180°の巻き上げタイプは2ストローク巻き上げる感触がすばらしいものがあります。

私は店の人と会話しながら購入するのが好きなので、古道具屋からも購入しますが、カメラらしいカメラは「ニコンのF2とキヤノンのF-1で最後ですね」とゆう親父さんもいます。

日本ではF/F2、F-1の機械式制御のための軟鋼の生産がないため、S3、SPの再生産にあたっては、NewFM2と同じプラスチックに換えてあるパーツがありました。

いつまでもこんな時代は続かないと思います。
igayさんも、手に入れることができたら使ってみてください。
メカニカルシャッター機の完成形の一つなのですから。

投稿: ガタピシ | 2010年8月14日 (土) 09時06分

ガタピシさんこんにちは。

先輩のF-1についていたレンズはNewFDでしたが、レンズはまた別に購入したようです。
ボディの方は後期のnではなく180°巻き上げ角の旧タイプだったと思います。
初代F-1は自分でも本当に「機械制御SLRの完成形だと」確信しています。後にも先にもないものだと思っています。
ニコンF2を所持していますが、もし機会があればF-1についても入手を検討してみたいと思います。

投稿: igay | 2010年8月15日 (日) 15時07分

キヤノンF-1改(F-1n)とニコンF2の巻上げ角度は同じではなく、20度近く違っていますね。
F-1nは、予備角30°、巻上角139°
F2は、 予備角20°、巻上角120°

旧F-1は、大きく分けて前期型(F-1)と外観や機能が色々とも異なる後期型(F-1n)があり、前期型でも細かい違いで2種類あるということですね。
(巻き戻しボタン底面の点の色違いと多重露出時の面倒な操作が若干違う程度だったと思います)


ニコンSとSPの復刻版の部品で、白色の樹脂製ギアが使われているのは、パーツを並べた分解写真等に出ていたようですが、何故樹脂製になったのか、それが軟鉄材の入手に関係していたのかなどは覚えていないので、ちょっと調べてみたいなとも思っています。

投稿: MARK12 | 2010年8月16日 (月) 21時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/49108967

この記事へのトラックバック一覧です: ニコンF2のライバル キヤノン F-1初期カタログ 前編:

« 画角100°ドラマチックな空間 Aiニッコール18mmF4 | トップページ | ニコンF2のライバル キヤノン F-1初期カタログ 後編 »