« ニコン 20cm/15cm屈折赤道儀カタログ | トップページ | ニコンMとキヤノンII-B »

TTLナンバーシステムの3つの秘密 オリンパスペンFT 

今回は、また、ニコンカメラではありません、少々こじつけですが、Fという名のカメラつながりと言う事で、個人的に好きなオリンパスペンFTの話題です。

TTL露出計内蔵ハーフサイズ一眼レフ、オリンパスペンFTの露出決定は他のTTL一眼レフと少々異なり、TTLナンバーシステムを取り入れていました。
下はOLYMPUS PEN FT GUDE BOOKに載っていたTTLナンバーシステムの解説記事の一部です。
Ttl1s
Ttl23s

簡単に言ってしまえば、TTLナンバーはあくまで画面全体の明るさが、そのレンズの開放絞りの明るさより何段暗くなっているかを示している、相対絞りの値となっています。
このTTLナンバーの付けられ方などの理由が上の説明を見ると分かるかと思います。


合理的なシステムなのですが、(レンズの解放時TTLナンバーを覚えていれば、クリック数で数字の把握は出来ますのでファインダーから目を離さなくても適正値まで絞り込む事は可能ですが、)ファインダー内でレンズ側TTLナンバーを確認出来ないのがやや残念な部分ではあります。

関連記事:オリンパスペンF 詳報
      オリンパスペンFマウントアダプター
     
     

|

« ニコン 20cm/15cm屈折赤道儀カタログ | トップページ | ニコンMとキヤノンII-B »

NikonF」カテゴリの記事

コメント

オリンパスペンFTのシステムとは関係ありませんが、ニコマートELで採用されていたTTLのAEシステムが現在の自動車のアクセルと気化器の連動システムとが同じになっているのに驚きました。

ニコマートELは絞り値を対数圧縮比にしてICの回路で処理をしてシャッター速度を割り出しシャッター速度を制御していましたが、自動車は昔はアクセルを踏むと機械的な連動システムでしたが、部品数を減らして部品の共通化の過程でこのように変わっていたとは思いもよりませんでした。

投稿: ガタピシ | 2010年7月18日 (日) 05時59分

●いつも楽しく拝見しております。
●露出計の無いPen-Fを叔父が持っており、従兄弟が使っていたのを見せてもらったことがありましたが、このような絞り輪になっていたのか全然記憶にありませんでした・・・。Pen-FTとは互換性が無かったのかもしれませんね。
●TTLナンバーはオリンパスらしい独創的発想ですが、その後のOMシステムでは一般的な絞り輪の印字でした。広角レンズで被写界深度を距離輪で見て、無限遠指標を設定絞りの被写界深度の範囲に置いてパンフォーカス的に使う時に「?」ってなりそうですね。フラッシュも昔は外部調光かマニュアルでしたから、フラッシュ装置に付いた計算板で計算して絞り値をTTL値に再度手計算が必要ですね。
●TTLナンバー輪の印字間隔が最初に限って広いというのは、鏡筒の絞り機構が簡素化できてコスト削減に役立ったのでしょうか。

投稿: ふみとパパ | 2010年7月19日 (月) 00時52分

ふみとパパ さん、
TTLナンバー付きのレンズはペンFT登場以後の物ですから、それ以前に購入されたペンFですと通常の絞り環となっている可能性が高いです。
また、TTLナンバー付き絞り環はそれを先端側へ引いて半回転すると通常の絞り環が現れ、クリックも付いていて、ペンFやFVで使う事も考慮されています、深度確認も一応はそれらで可能ですが、手間は掛ってしまいますね。
他に、TTLナンバーの付いてないレンズを使っている方がFTで使い易いよう、絞り環に張り付けるTTLナンバーのシールも用意されていました。

投稿: MARU0 | 2010年7月19日 (月) 08時38分

最近のAFレンズには絞り環(リング)がないものも多くなってきましたが、レンズに絞り環が付いているのが当たり前の時代にこのTTLナンバーシステムのレンズを初めて見た人は驚いたかもしれませんね。
(いや、今見ても十分に驚かされるでしょうが)
開放F値が異なるどのレンズの絞り環にも0、1、2、3、4・・・の数字が同じように並んでいるのですから。
最初は、この数字は何だ? と思うでしょうが、暫くしたら開放から何段絞るかの数字と気付くのでしょうね。

オリンパスペンFTの内蔵TTL露出計を使って露出合わせする分には合理的なものかもしれませんが、単体露出計を使ったり、他の一般的なカメラ、レンズと併用したり、ストロボを使ったりすると逆に不便そうですね。
ふみとパパ さんが書かれている事が、一般的な感想を代表しているのではないかと思います。

MARU0さんが「TTLナンバー付き絞り環はそれを先端側へ引いて半回転すると通常の絞り環が現れ、クリックも付いていて、ペンFやFVで使う事も考慮されています」と紹介されていますので、切り替えて使えるのですね。
私なら、ペンFTを持っていても、すぐ絞り環を切り替えてしまうでしょう。

もっとも、よりファインダーが明るくてクリアーなペンFの方が、ハーフミラーで測光素子にも光が採られるペンFTより好きです。
現代なら測光素子の劣化もありますし、ハーフミラーの劣化とかもありますから尚更ペンFの方が良いと思います。
ペンFならTTLナンバーとかは関係なくなりますね。

投稿: MARK12 | 2010年7月19日 (月) 21時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/48811771

この記事へのトラックバック一覧です: TTLナンバーシステムの3つの秘密 オリンパスペンFT :

« ニコン 20cm/15cm屈折赤道儀カタログ | トップページ | ニコンMとキヤノンII-B »