« 自動絞り付きオートトプコール | トップページ | ニコンF2 初版カタログ »

・・・・を名実ともに世界一のカメラにする ズノーレンズ

昨日のトプコールレンズに続いて、昭和32年頃のズノーレンズの広告です。
S
このコピーを見ますと、レンズの描写(性能)に相当自信がある事が伺われます。
ライカ、コンタックス、キヤノン、ニコンを当時の名実ともに世界一流の35ミリ判カメラにすると謳っているのですが、個人的には、既にある意味それぞれ世界一になっているとも思っているので、純正レンズ以上の性能だと言わんばかりのコピーが返って新鮮にも写りました。

さて、これらレンズ描写性能は私には分かりませんが、この中ではやはり50mmF1.1の95000円という価格が際立っていて、目立ちます。
この50mm(5cm)F1.1は以前に少し紹介しましたのでご存じの方もおられると思いますが、昭和32年には既に後期型(新型)となっています、また、当初は帝国光学工業株式会社という社名でしたが、この頃にはズノー光学工業株式会社(昭和31年12月より)となっています。この1年後には、昨日も記しました、最初の近代的一眼レフズノーペンタフレックスが登場します。

|

« 自動絞り付きオートトプコール | トップページ | ニコンF2 初版カタログ »

Nikkor Lens」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/48991164

この記事へのトラックバック一覧です: ・・・・を名実ともに世界一のカメラにする ズノーレンズ:

« 自動絞り付きオートトプコール | トップページ | ニコンF2 初版カタログ »