« このレンズは何? | トップページ | アサヒカメラ図解辞典キヤノンF-1 »

ハンザキヤノン 発売広告

S_2
アサヒカメラ昭和10年12月号に掲載されていた近江屋写真用品が出したキヤノン標準型、所謂、ハンザキヤノン発売の広告です。

これには「乞う、材料店頭に実物を御一見あれ!」とありますので、この頃発売されたように見受けられます。
しかし、一説にはこれよりもう少し後、昭和11年2月頃の発売とも言われておりますので、この広告の頃(昭和10年10月頃出稿)には発売出来るまでの数が揃えられなかったのかもしれません。

ニコン関連追記:フィルムカメラおよび交換レンズ一部機種の修理対応期間を延長

|

« このレンズは何? | トップページ | アサヒカメラ図解辞典キヤノンF-1 »

Nikon RF Camera」カテゴリの記事

コメント

●いつも楽しく拝見しております。最近は戦前の貴重な資料をご紹介いただき興味津々です。
●過日ご紹介いただいた「昭和15年の国産カメラ公定価格表」は、価格水準の今昔もさることながら、「皇紀は2600年」「バスに乗り遅れるな」という戦争前夜の流行語に見られますように政府の規制が厳しくなってきたことも感じました。今回の広告作成時期を拝察しますと、昭和モダン全盛期を彷彿させます。下の写真はカメラと本物のミンクでしょうか?!いずれも超高級品です。
●ボディの形状は7Sなどと大変似ているのですね、ということは昭和10年ハンザキヤノン自体が相当練られた設計であったのですね。文中で「篤志家」というあたり、単なる国産ライカや国産コンタックスを作るコピーメーカーではなく、ベンチャーキャピタリストのような夢と理想を造るのだというパワーを感じました。当時の価格275円は、消費者物価指数戦前基準東京都区部指数(総務省発表)で比較して1785.2倍の490,930円。そうぽんぽん売れる価格では無いようですから、生産台数が少なくとも問題無かったと思われます。

投稿: ふみとパパ | 2010年7月23日 (金) 19時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/48885442

この記事へのトラックバック一覧です: ハンザキヤノン 発売広告:

« このレンズは何? | トップページ | アサヒカメラ図解辞典キヤノンF-1 »