« ニコンF2 ボディ構成展開図 | トップページ | 立木義浩のF2。 »

近江屋版ニコンM型の広告

CAMERA誌昭和25年8月号の近江屋産業の広告です。
Nikonm19508cameras

この頃はニコンカメラも安定して生産・供給が出来るようになり、このように発売元からの定価を載せた広告も見られるようになりました。
因みにこの定価54000円は標準F2付き(ケース含む)の物で、明快F1.5付き(ケース含む)は68000円でした。
また、免税価格が載っているのも、進駐軍関係が大きな販売先な為だと思います。

画像にあるカメラに付いているレンズですが、左は不鮮明ですが、多分5cmF2ハイブリッド?、右はマウントは違いますが、ダンカンを唸らせた8cmF2と正像式のユニバーサルファインダーが付いています。またレンズには8012という番号が見てとれます。カメラの製造番号が判別出来ませんので、このカメラがM型なのか、I型なのかは分かりませんが、付いているレンズからI型のような気がします。

|

« ニコンF2 ボディ構成展開図 | トップページ | 立木義浩のF2。 »

Nikon RF Camera」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/48725620

この記事へのトラックバック一覧です: 近江屋版ニコンM型の広告:

« ニコンF2 ボディ構成展開図 | トップページ | 立木義浩のF2。 »