« ニコンF-250 寸法図など | トップページ | 最後のニコンM型広告 »

最初で最後? 絞りダイヤル付きカメラ ニコンF-401シリーズ

ニコン一眼レフとしては初の絞りダイヤルを搭載して登場したのがニコンF-401系(含む、後のF-401S~X)なのですが、この後登場のF-801系やF-601系ではコマンドダイヤルを採用した為に、最初で最後?となってしまいました。
近年のモードボタンとコマンドダイヤルの組合わせなどと違い、この軍艦部に並んだ絞りダイヤルとシャッターダイヤルによる露出モードの選択やダイヤル上の絞り値選択も分かりやすく、個人的には好感を持っていました。
F401s

最少絞りにセットされてないと露出表示用LEDが点滅し、レリーズもロックしますし、間違えて最少絞りF22までのレンズで絞りダイヤルをF32にセットしても情報を補正され、ちゃんと適正露出になるよう配慮され(逆の開放値側でも同様)初心者に優しいカメラとなっています。

このような軍艦部に並んだシャッターダイヤルと絞りダイヤルによる自由な組み合わせによる露出(感度可変で適正露出に対応)の可能なニコンS系似のレトロデザインのデジカメが1つ位はあっても面白いと思いませんか。

|

« ニコンF-250 寸法図など | トップページ | 最後のニコンM型広告 »

Nikon Camera」カテゴリの記事

コメント

 401系は、なんといっても奇抜なデザインが印象的です。これで敬遠された方も多いのではないでしょうか。
 絞りダイヤルがあるのでGタイプのレンズでも普通にフルモード使えるんですよね。F4やF90も出来ないのに。(AF-Sは機能しませんが)
 デザイン以外では、一つだけ残念な点があります。それはファインダー表示。シャッター速度と絞りが表示されれば食指が動くんですけどねえ。

投稿: あーる | 2010年5月11日 (火) 01時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/48306306

この記事へのトラックバック一覧です: 最初で最後? 絞りダイヤル付きカメラ ニコンF-401シリーズ:

« ニコンF-250 寸法図など | トップページ | 最後のニコンM型広告 »