« ニコン セオドライトの点検および調整法 | トップページ | 最初で最後? 絞りダイヤル付きカメラ ニコンF-401シリーズ »

ニコンF-250 寸法図など

F250s

ニコンFの長尺フィルムを使うモータードライブF-250の寸法図と各部の名称(英語)を記した画像です。
F-250は割合少ないアクセサリーなのですが、F-36の人気と比べると少数派なのでしょう、レアな割にあまり高価な品を見かけませんね。今では、銀塩製品自体が衰退している上に、長尺フィルム使用品では実用に供する方はほとんど居られないので仕方がないのかもしれません。

|

« ニコン セオドライトの点検および調整法 | トップページ | 最初で最後? 絞りダイヤル付きカメラ ニコンF-401シリーズ »

NikonF」カテゴリの記事

コメント

 当時は100フィート(30m)のフィルム缶から250カット専用パトローネに暗室で詰め替えるのですが、撮影後に簡単に写真屋さんに「現像お願いします」と預けられない特殊な用途でした。自動現像機を自分で操作する新聞社では、この250パトローネを(増感したりして)自家処理していましたが。
 そもそも、36カット以上連続撮影する場合とは?陸上短距離走のゴール、競馬のゴール、ロケットの打ち上げなど、ラジオコントロール・ユニットで遠隔操作しての撮影をした記憶があります。カメラ両脇の巨大なロール部分が邪魔で、とても手持ち撮影は無理です。また、レンズもMFなのでこの装置ではピントも追えません。そこで、人が近づけない所に設置、またはフィルム交換しないでしばらく撮影する用途で使いました。特に高速モーター付きカメラとペアで使うこともありました。

投稿: しんじ | 2010年5月 9日 (日) 23時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/48289609

この記事へのトラックバック一覧です: ニコンF-250 寸法図など:

« ニコン セオドライトの点検および調整法 | トップページ | 最初で最後? 絞りダイヤル付きカメラ ニコンF-401シリーズ »