« オートレベルAP-5の断面図 | トップページ | 1980年代のニコンカメラユーザー統計 »

ニコマートFT系のシャッター

ニコマートFT、FS、FTn、FT2、FT3のシャッターダイヤルはレンズマウント基部周りに配され、バルブから1/1000秒までとなっていて、基本的にはFTからFT3までほぼ変わりありません。
このシャッターは縦走りのユニット化されたもので、先幕、後幕それぞれ3枚のメタル羽根で構成されており、バルブ(B)から1/125秒までは黒字(ブラックボディは白字)で1/250から1/1000秒までは赤字となっており、こちらは中間位置でも使用できます。
作動時間は、レリーズボタンを押してから約30msでシャッター駆動軸が動き、4ms後に先幕がアパーチュア面を開けはじめます、すなわち、レリーズタイムラグは34msとなります。また、幕速は約6.5msで、1/1000秒での露光にはレリーズ開始から後幕走行停止まで約50msとなっているそうです。
余談ですが、幕速が約6.5msという事は、横走行のニコンF2のシャッター幕が24mmを走る時間とほぼ同じです。
耐久性は、現在でも充分使えるニコマートFTnが多い事からも分かりますように、かなり高い事が分かります。
下はニコマート/ニッコールマートFTn修理指針のシャッターの載っている一部分です。
Photo


|

« オートレベルAP-5の断面図 | トップページ | 1980年代のニコンカメラユーザー統計 »

Nikon Camera」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/48172483

この記事へのトラックバック一覧です: ニコマートFT系のシャッター:

« オートレベルAP-5の断面図 | トップページ | 1980年代のニコンカメラユーザー統計 »