« ニコンFMの測光感度分布 | トップページ | チタン幕の凹凸パターン »

ニコンF3のLCDモジュール

下はニコンF3のLCDモジュールの寸法図です。
Lcds

ニコンF3は35ミリ判一眼レフの中ではかなり早く液晶表示を採用したのですが、先例が無い時代ですので液晶モジュールも従来例の無いコンパクトさの透過式液晶でした。
耐久性を考慮して無機シールガラスに封入し、常温では0.1秒以下の反応速度であり、文字の小ささ(縦1mmほど)も寄与し、消費電流も少なくなっていました。
この当時はカタログなどに約6~7年で液晶のコントラストが低下し数字が読み難くなり、この時は有償で部品交換する旨の記述が見られました。
しかし、使用頻度や使用環境による違いもあるのでしょうが、10年以上、通常の使用に耐えるコントラストの液晶表示のF3は多数ありましたので、かなりの安全係数をみていたのでしょう。

|

« ニコンFMの測光感度分布 | トップページ | チタン幕の凹凸パターン »

NikonF3」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/48138509

この記事へのトラックバック一覧です: ニコンF3のLCDモジュール:

« ニコンFMの測光感度分布 | トップページ | チタン幕の凹凸パターン »