« 1980年代のニコンカメラユーザー統計 | トップページ | ニコン セオドライトの使い方 »

ニコマートELのライバル フレキシブル基盤採用 ヤシカエレクトロAX

Axs

ヤシカエレクトロAXは、ニコマートELとほぼ同じ時期の絞り優先TTL自動露出内蔵ですが、フレキシブル基盤の採用はかなり早い方ではなかったかと思います。
また、ニコマートELでは実質装備はされていましたが、公式には採用を見送ったスロシャッター8秒を搭載しています。
他には、シャッター幕直前にセットされたCdS受光部とハーフミラーで、CdSを直接セットしてありますので、ある程度の広さはあり中央重点測光としていますが、スポット性の高い測光となっている点では、何か後のニコンF3の測光感度分布タイプに似ているように思えて、興味を惹いてしまいました。

|

« 1980年代のニコンカメラユーザー統計 | トップページ | ニコン セオドライトの使い方 »

Nikon Camera」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニコマートELのライバル フレキシブル基盤採用 ヤシカエレクトロAX:

« 1980年代のニコンカメラユーザー統計 | トップページ | ニコン セオドライトの使い方 »