« ニコン製品総合カタログ その2 | トップページ | カタログに載っていないニコンの話 »

新しいカメラ ニコンS2 北野邦雄氏の記事

1s
写真工業1955年6月号には新しいカメラとしてニコンS2を北野邦雄氏が紹介記事を7頁にわたり執筆していました。
ニコンS2発売の数カ月前にはライカM3がデビューし、記事中にも「M3では、」「M3ライカに於ける」「M3のように」「M3ライカから」といったようにM3との比較になってしまうのは仕方がないのかもしれません。
しかし、結びにおいて、(前略)要するにニコンS2は素晴らしいカメラであり、驚異的な前進を遂げたニコンS2は最早日本のニコンと言うよりは世界のニコンにまで成長したものであるから、更に多くの使用者を得、その声によってM3ライカも及び得ない最高級機にまで育てられる事を希望したい。(後略)と概ね好評価なものとなっていました。

参考記事:新しいカメラ ニコンS2 北野氏記事

|

« ニコン製品総合カタログ その2 | トップページ | カタログに載っていないニコンの話 »

Nikon RF Camera」カテゴリの記事

コメント

ライカは当時、どこの国でも互角に戦えるだけでも大変な存在で、M3の前のバルナックタイプのものでも、大英帝国でもデットコピーがうまく行かず、戦争末期にようやっと、とゆう話です。

日本ではそれでも何とかデットコピーに成功してニッカの前身のニッポンを造っていますね。

日本としては朝鮮戦争の冬季の戦場を唯一撮影できたニコンS型から飛躍したニコンS2にかなりの期待が持たれていたのでしょうね。

ダイキャストでは世界初のシルミン系アルミ合金の使用でこの点ではライカM3よりも先んずることができ、ニコンS型では大和級の15メートル測距儀の技術の応用により厳冬期の朝鮮戦争の報道が唯一出来たカメラだったので、ライカM3との比較にも力が入ったのでしょうね。

投稿: ガタピシ | 2010年4月 2日 (金) 21時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/47900568

この記事へのトラックバック一覧です: 新しいカメラ ニコンS2 北野邦雄氏の記事:

« ニコン製品総合カタログ その2 | トップページ | カタログに載っていないニコンの話 »