« AiニッコールED400mmF3.5(IF)&600mmF5.6(IF) | トップページ | プロカメラマンの必携機です。 ニコマートFT »

ニッコールレンズのできるまで。

ニッコールレンズ読本1966年版に掲載されていた「ニッコールレンズのできるまで」の紹介です。
12s
34s
因みに、画像12番の多数並んでいるレンズですが、気になったので、スキャンした時の大きな画像で調べてみましたら、前玉が銀枠いっぱいにあり、サイズなどから28mmF3.5のように見えました。

このようなレンズ制作工程のPR映画をかつて日本光学では「科学の眼 ニコン」と題して作っており、それを科学映像館で紹介していますので興味のある方は覗いてみてください。(前半がレンズ製造です)

|

« AiニッコールED400mmF3.5(IF)&600mmF5.6(IF) | トップページ | プロカメラマンの必携機です。 ニコマートFT »

Nikkor Lens」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/47793365

この記事へのトラックバック一覧です: ニッコールレンズのできるまで。:

« AiニッコールED400mmF3.5(IF)&600mmF5.6(IF) | トップページ | プロカメラマンの必携機です。 ニコマートFT »