« 新しいカメラ ニコンS2 北野邦雄氏の記事 | トップページ | 1969年ニッコールレンズ総合カタログ »

カタログに載っていないニコンの話

一般のソフトフィルターは細かな条線ほどコントラストが低下し、シャープさが損なわれる傾向にありますが、ニコンソフトフィルターはイオン浸透処理を施し、ガラス成分を部分的に変えた特殊フィルターで、レンズ作用を持つ微細が部分が適切に配列されている事もあり、そう言った欠点が解消されているそうです。
具体的には太い条線のコントラストを低下させ、細かな条線はそれほど低下させないよう作られ、結果、「柔らかな描写でしかも芯が確かな像が得られる」、「絞り込んでも軟調効果が持続する」、「被写体のボケに不自然なパターンが出にくくきれいなボケ味が期待できる」とのことです。(トップアイより)

|

« 新しいカメラ ニコンS2 北野邦雄氏の記事 | トップページ | 1969年ニッコールレンズ総合カタログ »

Nikon Accessory」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/47907988

この記事へのトラックバック一覧です: カタログに載っていないニコンの話:

« 新しいカメラ ニコンS2 北野邦雄氏の記事 | トップページ | 1969年ニッコールレンズ総合カタログ »