« レンズの画角 | トップページ | 日本光学初期の天文機械 »

ニューニッコールコンパクト望遠 135mmF2.8S

ニューニッコール135mmF2.8Sタイプの広告です。
New135mmf28ss_2
このレンズは従来のニューニッコールを見直し、新設計により135mmF2.8より軽量コンパクトになりました。
発売は1976年4月、広告は同年7月のカメラ雑誌に掲載されました。このようにレンズ単体で2ページ見開きの広告はニコンとしてはあまり見ないと思います。
さて、このレンズですが、このように大きく?宣伝されましたが、翌年3月にはAiシリーズが発表発売され、僅か11ヶ月で新規格へとバトンタッチしたことになります。
因みに、以前に紹介しましたように、135mmF2.8Sの「S」は「Superior」の略です。
また、余談ですが、サイズと重量が大きく表示されておりますように、当時のニッコールレンズとしては随分軽量コンパクトになりましたが、後に出た、(と言っても国内販売は有りませんでしたが、)レンズシリーズEの135mmF2.8は鏡胴にプラスチックを使用し、レンズ構成もニュー135mmF2.8Sの4群5枚から4群4枚と見直し、更に軽量(395g)になりました。

|

« レンズの画角 | トップページ | 日本光学初期の天文機械 »

Nikkor Lens」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/47750207

この記事へのトラックバック一覧です: ニューニッコールコンパクト望遠 135mmF2.8S:

« レンズの画角 | トップページ | 日本光学初期の天文機械 »