« 特殊設計! 水に強い構造です  ニコノスII型  | トップページ | 昭和31年 国産レンズの現状 »

デヴィット・ダグラス・ダンカンと三木淳の友情の印

三木氏とダンカン氏とはいわゆるニコン神話の1つにあげられるようにライフ誌のカメラマン時代から友人関係で知られています。
それを象徴する事例として、約30年ほど前にダンカン氏から三木氏へライツ社がダンカン氏の為に作った4台の特製ライカM3Dのうちの1台を贈呈したそうです。これにはセットのレンズとして精研削非球面レンズを採用したノクチルックス50mmF1.2が付けられていたとのことです。
因みに、このM3Dが元になってMPが作られたと言われています。
このあたりの経緯はカメラレビューNo.16のピントグラスに載っていますので興味のある方は読んでみてください。

カメラレビューNo.16ピントグラス


|

« 特殊設計! 水に強い構造です  ニコノスII型  | トップページ | 昭和31年 国産レンズの現状 »

Nikon etc.」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/47319044

この記事へのトラックバック一覧です: デヴィット・ダグラス・ダンカンと三木淳の友情の印:

« 特殊設計! 水に強い構造です  ニコノスII型  | トップページ | 昭和31年 国産レンズの現状 »