« 目の話 | トップページ | ニコン式一作動巻上レバー »

過焦点距離

最近はオートフォーカスでの使用がほとんどでしょうから、この言葉を意識するような事はあまり無いかと思います。
被写界深度の最遠点が無限遠にくるように焦点合わせをした時の被写体までの距離で、たとえば下の表のように、50mm標準レンズをF4まで絞り、20メートルの距離にある被写体にピントを合わせますと、その半分の10メートルから無限遠までピントが合っているように見えます。この時の被写体までの距離20メートルを過焦点距離と言います。
Photo
この表は70年代のマルチコートニッコールオートレンズの物ですが、このような表が無くとも、レンズの指標の横に並んでいる絞り値の数字の色と対応した指標線の一端を無限大マークに合わせ、中央の指標位置の距離環数字を読み取る事により大体の過焦点距離は分かります。
スナップ撮影などの時は、かつて、皆さんこのようなパンフォーカスでの使い方をされた経験もあるのではないでしょうか。

ただし、深度を表す線はすべての絞り値の分がある訳ではありませんので上のような表も有用ではないかと思います。
余談ですが、上の表の過焦点距離から焦点距離を逆算できますが、15mmなんて、16mm以上の焦点距離で、結構看板に偽り有りといえそうです。尤も、この表の数字も多少大雑把な印象ですから、誤差も大きいかとは思います。

|

« 目の話 | トップページ | ニコン式一作動巻上レバー »

Nikkor Lens」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/47256193

この記事へのトラックバック一覧です: 過焦点距離:

« 目の話 | トップページ | ニコン式一作動巻上レバー »