« ニコン双眼鏡のあゆみ | トップページ | カメラの物品税 »

その確かな映像を―ニコンF2

非Ai仕様ニコンF2フォトミックとしては最終に近い時期のカタログの中の見開き部分です。
Enjoynikonworlds

EEコントロール対応ファインダーがDP-3となり、更にデータバックが追加された時期にあたります。
確かこれに似たデザインの広告もあり、そちらには各カメラの価格が載っていました。

このページ内左下に「確かさ、使いやすさを考えた設計です」カメラを手にしたときの手ざわり、なじみといったホールディングの問題は、撮影意欲・・・といった文言が見られます。
これを確かめる為に日本光学ではフォールディング検証用の専用ボディを作っていたのを宣伝した広告もありました。

|

« ニコン双眼鏡のあゆみ | トップページ | カメラの物品税 »

NikonF2」カテゴリの記事

コメント

enjoy nikon world時代の資料をアップしていただいたことを深く感謝いたします。

F2のホールディングは実際に手に持って見るとその良さがよくわかります。角ばりすぎず、また丸すぎない程よい側面の形状が、持つ手の負担を減らしてくれるので安心して撮影を続けられます。多重露出機構はCF-1を付けていることもあるのですが軍幹部で多重露出操作が可能なFMと比較すると少々面倒かもしれません。しかし、特別な操作が必要なく簡単に多重露出が出来るのはさすがF2です。

投稿: igay | 2010年1月31日 (日) 14時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/47430103

この記事へのトラックバック一覧です: その確かな映像を―ニコンF2:

« ニコン双眼鏡のあゆみ | トップページ | カメラの物品税 »