« 藤井光蔵 ドイツ人技師の在社当時の想い出 | トップページ | ニコンF登場前後の話題カメラ オリンパスペン »

ズームニッコール広告

ニコン トップアイ誌61号巻末の広告です。
Zoomcmss

当時現行のズームレンズを並べています。(全てではありません)
以前紹介しました、BigサイズのMFズームAi80~200F2.8Sも載っています。
個人的には、Eズーム36~72mmが少し興味を引くのですが、兄貴分の35~70mmズームニッコールよりシリーズEズームの方がスペック上も価格も上をいっているからでしょう。
これら標準ズームも今では中古品は安価に見かける場合が多いですね。

|

« 藤井光蔵 ドイツ人技師の在社当時の想い出 | トップページ | ニコンF登場前後の話題カメラ オリンパスペン »

Nikkor Lens」カテゴリの記事

コメント

この時代には「Ai-s 80-200mm/f4」は存在しなかったのでしょうか?

ズームといえば「Ai 80-200mm/f4.5」には羨望の思いがしましたね。写真部の先輩がこれを使っていて「これ見よがし」状態でした(笑)。私は単焦点の200mmしか持ってなかったんです。

投稿: 空歩人 | 2009年11月22日 (日) 09時37分

空歩人さん、こんにちは。
Ai-sの80~200mmF4は当時現行品でした。
これは105000円でしたし、先代のAiの80~200mmF4.5も101000円と高価でしたね。
広告には載っておりませんが、35~70mmF3.5の高級版なども現行品でした。ただ、上の35~70mmF3.3~4.5はシリーズEに代わる普及ズームの位置付けで、この後早い時期にシリーズEズームは消えてしまいました。

投稿: MARU0 | 2009年11月22日 (日) 12時34分

初代のZoom NIKKOR Auto 80~200mm F4.5は、Nikon F2発売の1年程前の1970年9月に発売されましたが、当時としては未だ珍しかった望遠ズームレンズながら描写性能の良さもあって憧れのレンズでした。
でも当時の定価は79,000円と高価で、おいそれと手が出るレンズでもなかったですね。

1981年10月発売のAi Zoom NIKKOR 80~200mm F4Sは、途中でレンズ構成が変わったAi Zoom NIKKOR 80~200mm F4.5から更に構成が変わっていますが、開放F値がF4と少し明るくなり、フィルター取付サイズも52mmから62mmにアップしています。
この80~200mm F4Sは私も持っていますが、ズームとしては、なかなかの描写力を示すレンズだと思います。
EDレンズは使用していませんが、EDレンズに近い特性の硝子を使っていると聞いたことがあります。
現在の中古市場では安価に入手することも可能になっていますね。

投稿: MARK12 | 2009年11月22日 (日) 22時09分

Aiの80~200F4.5は1998年の冬の終わり頃手に入れました。
Aiを手に入れた後も、なぜかAi-Sの80~200のF4が気になっていていまも欲しい1本です。

投稿: ガタピシ | 2009年11月23日 (月) 09時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/46819882

この記事へのトラックバック一覧です: ズームニッコール広告:

« 藤井光蔵 ドイツ人技師の在社当時の想い出 | トップページ | ニコンF登場前後の話題カメラ オリンパスペン »