« 1950年10月のニコンカメラ価格? | トップページ | ニコンF3 新発売時のシステム価格表 »

ニコノス ホット・エピソード

S「TopEye」4号より
中高生写真部向けの冊子トップアイ巻末広告です。

ニコノスに関する面白いエピソードをいくつか紹介しています。
ニコノスならではと言えますが、さすがに、漏水させた失敗談などは広告には載せられないですね。

|

« 1950年10月のニコンカメラ価格? | トップページ | ニコンF3 新発売時のシステム価格表 »

Nikon Camera」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、いつも興味深く拝読させていただいています。
私は不思議に感じるのですが、ニコンはどうして、デジタル方式の水中カメラを発売しないのでしょう?充電もデータ転送も無接触で可能なのですから、フィルム交換が必要無いデジタルカメラなら、開閉部分を無くすることができるので、耐水性能も容易に向上できるはずだと思います。また、背面液晶パネルは、水中眼鏡を掛けても見易いので、ファインダーの問題も簡単にクリアできます。待ち望んでいる人も大勢いるでしょうから、発売すれば、必ず売れると思うのですが。

投稿: スポック | 2009年11月 6日 (金) 22時58分

ニコンについてずいぶん調べられていますね。自分はこの前、以前から形が好きだったニコノスⅡ型を手に入れました。ただ残念なのが、付いてたレンズがUW28mmだったので陸上で使えません。そこで素人考えですが、レンズの保護をかねている一番前の凹レンズを外した場合、陸上でもピントがくるのではないでしょうか?サービスセンターに問い合わせたところ判らないとのことでした。
何方かお判りになる方はいらっしゃいませんか?

投稿: トミー | 2009年11月19日 (木) 17時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/46681624

この記事へのトラックバック一覧です: ニコノス ホット・エピソード:

« 1950年10月のニコンカメラ価格? | トップページ | ニコンF3 新発売時のシステム価格表 »