« ニコンF登場前後の話題カメラ ミノルタSR-2 | トップページ | ベルギーブラッセル万博 グランプリ »

ニコンフォトミックFTn 違いが分かりますか?

ニコンフォトミックFTnのカタログ内のページです。
両者には僅かな違いがあるのですが、それが分かるでしょうか?
Ftn1
Ftn2s

コントラストの違いで見づらい部分もあると思いますが、改良された部分ですので、明確に1箇所は違いがみられます。
ニコンはこういった細かい変更でもカタログを造り直す場合が多々見られますね。

答えは後日コメントいたしますが、割合簡単ですよね。

|

« ニコンF登場前後の話題カメラ ミノルタSR-2 | トップページ | ベルギーブラッセル万博 グランプリ »

NikonF」カテゴリの記事

コメント

【問いへの回答】
新旧(初期型・前期型と中期型・後期型)のFをお持ちの方、あるいは使ったことがある方なら見れば直ぐ判る違いと思いますが、「ファインダー着脱ボタン」ですね。


着脱ボタンの突起の受け皿部分が上段カタログでは旧タイプの◎形で、下段カタログでは新タイプのマイナスねじの様な-形の横溝があります(後のF2でも同じ構造が採用されています)。
この改善で着脱ボタンが指の爪先でも押しやすくなり、ファインダーを外す時にはより便利になりました。

蛇足ですが、このファインダー着脱ボタンをボールペンの先など金属製の尖ったもので押したのか、ボタン表面にかなりの傷が付いている個体を少なからず見かけます。
指の爪等で押してもファインダーが簡単に外れなかったので金属棒などで強く押したのかもしれませんが、傷が付かない木やプラスチック材の棒で押して欲しいものです。

アイレベルファインダー等が外れ難い場合は、ファインダーをボディ側に上から押し付けて着脱ボタンを押すと外れやすいのですが、ファインダー上カバー底面とボディ側とが密着するほどにクリアランスが無さ過ぎて、ファインダーを押し付けながら着脱ボタンを棒で強く押してもどうやってもファインダーを外せない場合は、最後の手段としてアイレベルファインダーの上カバーを外すことになるでしょう。

上カバー上面に貼ってある黒色レザーの角(四隅)をカバー取付ネジ穴(穴の上は小判形の薄い真鍮板の蓋があります)が見える程度まで剥がして、四隅の取付穴にある各1本のネジを外して上カバーを取り外してからファインダーを外します。
アイレベルファインダーのカバー底面とボディ側との隙間の高さや傾きともなる偏りを修正したい場合には、ファインダーのダイキャストシャーシにある上カバー取付穴(計4個所)部にワッシャーを入れたり、外したりする必要があるようです。ワッシャーが複数接着してあったり、全然ないものとか個体差があります。

現在では貴重なアイレベルファインダーです。どうしても外れないからと言って癇癪を起こして破壊するようなことがあってはいけませんね。

尚、接眼部内のレンズ清掃や接眼部とプリズム背面間のモルト交換や清掃は、同様にアイレベルファインダーの上カバーを外して行う必要があります。
アイレベルファインダーの場合は、(接眼部を清掃しようと思って)ファインダー底面の接眼部に見える2個のネジは、完成品の状態では決して外してはいけません。
もし外してしまったら接眼レンズを固定している金属部品が外れてしまいますので、結局上カバーを外さないと元に戻せなくなります。

投稿: MARK12 | 2009年11月26日 (木) 20時51分

MARK12さん、皆さん、こんにちは。
回答はMARK12さんのコメントのとおり、20番のファインダー着脱ボタンで、理由も爪やコインのようなものでも押す事ができるようにと改良されました。

投稿: MARU0 | 2009年11月28日 (土) 19時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/46839643

この記事へのトラックバック一覧です: ニコンフォトミックFTn 違いが分かりますか?:

« ニコンF登場前後の話題カメラ ミノルタSR-2 | トップページ | ベルギーブラッセル万博 グランプリ »