« 五藤プラネタリウム | トップページ | ニコンフォトミックFTn 違いが分かりますか? »

ニコンF登場前後の話題カメラ ミノルタSR-2

ニコンF登場の前年、ミノルタ初の35ミリ判一眼レフがこのSR-2でした。
クイックリターンミラー、一軸不回転のシャッターダイヤル、半自動の絞り機構、裏蓋は巻き戻しノブを上げ、蝶番による開閉式など完成度の高い一眼レフカメラでした。
下は写真工業での紹介記事です。Sr2s

惜しいのは絞りがシャッターレリーズ後に絞られたままで、フィルムを巻き上げなければ復帰しない半自動絞りな事と、シャッターダイヤルメモリが不等間隔な事でしょうか。

|

« 五藤プラネタリウム | トップページ | ニコンフォトミックFTn 違いが分かりますか? »

NikonF」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/46829245

この記事へのトラックバック一覧です: ニコンF登場前後の話題カメラ ミノルタSR-2:

« 五藤プラネタリウム | トップページ | ニコンフォトミックFTn 違いが分かりますか? »