« ひかり小屋 | トップページ | 明るさと大きさのベストバランス広角 24mmF2 »

2代目 近距離補正機構のAiニッコール24mmF2.8 

昭和42年に出たニッコールオート24mmF2.8が日本光学では初の近距離補正機構を組み込んだFマウントレンズでした。
下はそのデータシートです。構成はこの後のニューニッコール24mmF2.8まで続いています。
Auto24mmf28ca
それから約10年後の昭和52年3月のAi化時には光学系が新設計となりました。近距離補正24mmレンズの2代目ということになります。
Ai24mmf28a
若干の軽量化と開放時からのコントラストがより高い近代的な描写のレンズとなっています。

|

« ひかり小屋 | トップページ | 明るさと大きさのベストバランス広角 24mmF2 »

Nikkor Lens」カテゴリの記事

コメント

24ミリF2.8はAi-Sですが、まさか手に入れるとは思ってもいなかったレンズです。
最近は現代的な描写とともに、クラシックな描写が好きで一眼レフではオートからnewのニッコールも好きです。

投稿: ガタピシ | 2009年11月 9日 (月) 19時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/46708945

この記事へのトラックバック一覧です: 2代目 近距離補正機構のAiニッコール24mmF2.8 :

« ひかり小屋 | トップページ | 明るさと大きさのベストバランス広角 24mmF2 »