« ダハプリズム双眼鏡 ミクロン6x18 | トップページ | 日本光学、戦後10年間の平均賃金 »

1990年当初のデジカメ

1990alls
写真工業1990年4月号の記事です。
1990年1月現在発表されているデジカメの仕様などの表を見ますと、受注開始のIMC-100、DS-Xの価格は400万円以上となっています。
40万画素のCCDを使い、解像度は400TV本となっていますので、VGA画像程度といったところでしょうか。
記事では価格のネックとなっているのにメモリをあげています、確かこの数年後のパソコンのDRAMが1MBあたり1万円と言われており、PCの価格も数十万円ほどしておりましたので、それよりかなり前の事ですから納得がいきます。とはいえ、VGA程度の画質で20年前の400万円を投じる価値が見出されるところといえばそれほど多くは無かったでしょう。

|

« ダハプリズム双眼鏡 ミクロン6x18 | トップページ | 日本光学、戦後10年間の平均賃金 »

Nikon Camera」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/46771117

この記事へのトラックバック一覧です: 1990年当初のデジカメ:

« ダハプリズム双眼鏡 ミクロン6x18 | トップページ | 日本光学、戦後10年間の平均賃金 »