« 日本光学の中央重点測光 | トップページ | PASSEDシール カメラなどの輸出検査とデザイン認定 »

誕生!フォトマニアの為のEE一眼レフ ニコンオート35

ニコンオート35新発売を告知する広告です。
Nikonauto35s(写真工業148号より)

広告文には最高級EE一眼レフという言葉が使われています。
それを裏付けるようにニコン銘を冠しての登場でしたが、海外ではなぜかニコレックス銘でしたし、製造数も約30000台とそれほど多くはありませんでした。

参考資料:ニコンオート35カタログ
     :ニコンオート35技術資料

|

« 日本光学の中央重点測光 | トップページ | PASSEDシール カメラなどの輸出検査とデザイン認定 »

Nikon Camera」カテゴリの記事

コメント

ニコンオート35の発売は、東京オリンピック開催年の1964年の9月ですが、ニコンのレンズシャッター式一眼レフのニコレックス35シリーズの最終モデルですね。国内では何故かニコン銘を冠しましたが、ニコレックスのままで良かったのではないかと思います。

確かにそれまでのモデルのポロミラーに代わってペンタプリズムを搭載し、ニコン初のシャッター速度優先AE一眼レフでもある高級機??なのでニコン銘にしたのかもしれませんね。
個人的には、Nikon銘は当時のS型やFなどのフラグシップだけに付与して欲しかったと思っています。外観的にも丸っこくてニコン製品らしくなく、フォルムも好みではないので余計にそう思うのかもしれません。
私にとっても忘れ去られた製品です。

投稿: MARK12 | 2009年10月21日 (水) 21時37分

当時、良く売れていたキヤノネットを意識していたんでしょうね。
でもこの仕様だとキヤノネットの方が使いやすかったですね。

投稿: ガタピシ | 2009年10月22日 (木) 16時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/46529345

この記事へのトラックバック一覧です: 誕生!フォトマニアの為のEE一眼レフ ニコンオート35:

« 日本光学の中央重点測光 | トップページ | PASSEDシール カメラなどの輸出検査とデザイン認定 »