« ニコンFシステム 1974年春の価格改定 | トップページ | 銀塩写真はどこへいく »

ニコンF-501AFカメラ登場時のカメラとレンズの組み合わせ

F501f3afnikkor_2
この中の組み合わせ図を抜き出したものです。
F501f3afnikkor

ニコンFマウントSLRのAFカメラ第二世代となるF-501ですが、原則それまでのレンズ内モーター方式からボディ内モーターによるAF駆動となりました。

この変更により、上の図を見ると分かりますように、同じFマウントのAFレンズでもニコンF3AF単体では後出てくるAFニッコールは使えなくなってしまいました。
また、ニコンF3AF用に出ていたAFニッコール3種はここに出ているF-501と後のF4以外では原則AFを使えないばかりか、以前に紹介しましたように使用しますと故障の原因にもなりかねませんでした。

さて、この数年後のAFニッコールくらいからでしょうか、軽量化やコストダウンなどでレンズ自体の造りがシリーズEレンズよりも安っぽく、しかもマニュアルフォーカス用距離環も申し訳程度の物しか無い廉価なズームなどが登場してきたように思います。とはいえ、安価なレンズですが、写りはニッコールを冠しているだけあって、問題のあるものは見受けられず、コストパフォーマンスは良かったようです。

|

« ニコンFシステム 1974年春の価格改定 | トップページ | 銀塩写真はどこへいく »

Nikkor Lens」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/46387557

この記事へのトラックバック一覧です: ニコンF-501AFカメラ登場時のカメラとレンズの組み合わせ:

« ニコンFシステム 1974年春の価格改定 | トップページ | 銀塩写真はどこへいく »