« フィッシュアイニッコール8mmF2.8S | トップページ | 1952年頃までのRFキヤノンカメラ各型の識別表など »

ニッコール付きアイレスフレックス

写真工業5号はニッコールレンズの特集でした。
その中にニッコール付きアイレスフレックスの紹介記事がありました。12s
34s

アイレスフレックスに着いているニッコールレンズの紹介やカメラ製造過程、検査過程の状況などの紹介で、画像の解像度が低い(最大1600ピクセル)ので少し見難いのですが文字や画像のディティールは分かるかと思います。

|

« フィッシュアイニッコール8mmF2.8S | トップページ | 1952年頃までのRFキヤノンカメラ各型の識別表など »

Nikkor Lens」カテゴリの記事

コメント

MARUOさん、こんばんは。

写真工業5号ということは、写真工業の創刊が1952年6月号ですから1952年10月号ということですね。
写真工業出版社(旧光画荘)の看板とも言える月刊誌だった「写真工業」は、2008年12月号をもって休刊になったのは、とても残念で寂しいことですね。
2009年以降は、写真工業出版社のその他の発行本に期待するところです。

さて、二眼レフのアイレスフレックス用ニッコールレンズですが、アイレス写真機製作所(前身はヤルー光学)のアイレスフレックスZ型(Airesflex Z)が、二眼レフとして初めてニッコールレンズを搭載したんですよね。
アイレスフレックスの中でもニッコール付は、コレクターズ・アイテム化しているようです。

撮影レンズ用のNIKKOR 7.5cm F3.5が3群4枚構成のテッサータイプで、ビューレンズ用がView NIKKOR 7.5cm F3.2のトリプレットタイプということで、二眼レフとしては典型的な仕様とも言えるでしょうね。ローライコードの3.5シリーズにも匹敵するレンズなのでしょう。
アイレスのボディの出来もなかなかのようです。

投稿: MARK12 | 2009年9月18日 (金) 00時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/46211053

この記事へのトラックバック一覧です: ニッコール付きアイレスフレックス:

« フィッシュアイニッコール8mmF2.8S | トップページ | 1952年頃までのRFキヤノンカメラ各型の識別表など »