« 1952年頃までのRFキヤノンカメラ各型の識別表など | トップページ | ニコンS型 改良私案 »

回路図など

下は修理指針にある実態配線図と回路図の部分です。機種が分かりますでしょうか?
Ss
Ss_2


右上コードがヒントになるかと思いますが、なかなかそれだけで機種が分かる方は居ないと思います。
私は上の2つの図を見ただけでは分かりません。ただ、露出表示にメーターを使用すること、SPDを測光系に使用、4点のMD接点があることなどを総合するとある程度機種が絞れてきそうです。
実は、答えはニコンFE2です。カメラ名を当てることが出来た方は結構なニコン通かもしれません。

|

« 1952年頃までのRFキヤノンカメラ各型の識別表など | トップページ | ニコンS型 改良私案 »

Nikon Camera」カテゴリの記事

コメント

このようなカメラの布線図(実体配線図)や回路図の掲載はありがたいですね。

最初はFEあたりかなと思いましたが、回路図に乗っているアクセサリーシュー部の電気接点数が4個なのでFE2であろうというヒントになりますね。(FEの接点数は2個)

本日、たまたまFEの上カバー他を交換したのですが、ペンタプリズムの上に乗っている基板に付いているICには、三菱電機のマークが付いていました。

F3で使っていた三菱電機製のLSIが製造中止になるというので、ニコンは大量(10万個位だったか)のLSIを一括購入してストック化したようですが、三菱電機がこのLSIを製造中止にせざるを得なかった元々の発端は、このLSIのセラミックパッケージ(製造元は京セラだったはずですが)の製造中止だったと聞いたことがあります。

軍用規格のMILスペックのICもほとんどがセラミックパッケージでしたが、米国の半導体メーカーで一時製造が停止して米国防総省などで騒がれた事が昔ありました。
その原因がパッケージのほとんどを供給していたのが日本のメーカーで、災害だったか事故だったかは忘れましたが、その工場の操業がストップしたからというものでした。

投稿: MARK12 | 2009年9月19日 (土) 23時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/46237726

この記事へのトラックバック一覧です: 回路図など:

« 1952年頃までのRFキヤノンカメラ各型の識別表など | トップページ | ニコンS型 改良私案 »