« ニコンF2のライバル オリンパスM-1の三面図など | トップページ | ニコンSP 最初?のカタログ »

ニコン宝石鑑定用ルーペ

1984年のニコンルーペカタログの内面です。
A4サイズ1枚物を3つに折ったデザインです。
S


宝石鑑定用ルーペ10倍は有効径13ミリのとても小さなものですが、高解像で、今から四半世紀前で8000円と高価でした。小さいながらも、カタログの仕様で分かりますように、各収差を補正する為に3枚張り合わせの凝ったレンズを使っています。
この高価なルーペはデザインは若干変更されたニュータイプとなってはいますが、レンズ性能は変わらず現在も現行品で、価格(税引き)は当時より10%しか上がっておらず、8800円と今ではお買い得な感じを個人的には持っています。

|

« ニコンF2のライバル オリンパスM-1の三面図など | トップページ | ニコンSP 最初?のカタログ »

Nikon etc.」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/46100287

この記事へのトラックバック一覧です: ニコン宝石鑑定用ルーペ:

« ニコンF2のライバル オリンパスM-1の三面図など | トップページ | ニコンSP 最初?のカタログ »