« ニコンEMより軽いライトニコン FG-20 新発売 | トップページ | ニッコールレンズ生い立ちの記 »

ニコン双眼鏡 8×30A展開写真

8x30as

ニコン双眼鏡販売の手引き内にある双眼鏡8×30Aの展開写真です。

このような双眼鏡の展開、部品の一覧写真はあまり見ませんね。


|

« ニコンEMより軽いライトニコン FG-20 新発売 | トップページ | ニッコールレンズ生い立ちの記 »

Nikon etc.」カテゴリの記事

コメント

このタイプの双眼鏡を見ると思い出すのが、日露戦争の時の日本海大海戦の時、連合艦隊司令長官の東郷平八郎大将が私物で持っていた、ツッアィス社のプリズム入りの双眼鏡。
プリズム入りで、他の幕僚の持っていた双眼鏡よりも遠くがよく見えたとのこと。

この時期の海戦は、第二次大戦の戦車戦の距離で行われていたとゆうことですね。
日本海大海戦は国債名では、「ツシマ」と呼ばれています。
対馬海峡で戦闘が行われたので、北九州地方では、海戦での撃ち合いの音が聞こえたとのことです。

この後、第一次世界大戦で光学ガラスの供給を一手に行っていたドイツと交戦した関係で、双眼鏡を含む光学機器の補修にも困ったとのことですから、国策会社として設立された日本光学は、いろいろな意味で日本が欲しかった技術を手に入れるための切羽詰まったものがあったようですね。

投稿: ガタピシ | 2009年10月 1日 (木) 09時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/46346569

この記事へのトラックバック一覧です: ニコン双眼鏡 8×30A展開写真:

« ニコンEMより軽いライトニコン FG-20 新発売 | トップページ | ニッコールレンズ生い立ちの記 »