« レフレックス・ニッコール(C)500mmF8 | トップページ | F2であるための、100。 »

ニコン初のコマ間データバックMF-18

下は1988年アクセサリー総合カタログの中にあったデータバック紹介の1ページです。
S
確かニコンのデータバックの中では、コマ間への写しこみが可能な物はこのMF-18が初めで、1985年の発売でした。
ただし、コマ間への写しこみは精度が要求される為でしょうか、手巻上げ専用の物は出ていないようで、これもMD-4との組み合わせ前提の物でした。

また、このページの他のデータバックは仕様は同じ事からも分かると思いますが、中身はほぼ同じものと思われます。さすがに古い設計ですので、この時はまだリチウムのコイン電池ではありませんでした。

さて、このページにはMF-14~18まで載っていますが、MF-17が抜けています。MF-17はF3の250枚撮りフィルムバック用のデータバックで、このタイプは更に古い設計?で、ニコンF2用MF-10/11と時計やデートユニットの互換性がありました。

|

« レフレックス・ニッコール(C)500mmF8 | トップページ | F2であるための、100。 »

Nikon Accessory」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/45963993

この記事へのトラックバック一覧です: ニコン初のコマ間データバックMF-18:

» 「ニコン」を含むニュースと関連グッズの紹介 [イマナビ!News&Shopping]
イマナビでは「ニコン」を含むニュースと関連グッズの紹介をしています。「ニコン」に興味があれば是非ご覧ください! [続きを読む]

受信: 2009年8月21日 (金) 08時33分

« レフレックス・ニッコール(C)500mmF8 | トップページ | F2であるための、100。 »