« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

赤いラインの双眼鏡

13年ほど前の双眼鏡カタログ内の1ページです。19964catalogss

この中の7×50トロピカルや10×70IFと7×50SP、10×70SPとは随分と価格差があります。
どちらも高価な双眼鏡ですが、SPシリーズは全面マルチコートで色つきもなく、隅々までシャープで、星野の観測を考慮したものになっていて、それがこの価格差となっているのでしょう。
因みに「SP」とはSPACEから来ているとの事です。

先日紹介しました1970年の価格表には7×50トロピカルが載っていますので30年近く前との価格の比較ができます、これによると24500円となっています、画像の1996年が46000円、現在が62000円(いずれも税抜き)と高くはなっていますが、個人的には適正な範囲の価格上昇ではないかと思っています。

表題の赤いラインの双眼鏡ですが、現在は画像の2機種の他に同様タイプで18×70IFが増えています。ただし、こちらはSPではありません、しかし、これまでのプロフェッショナルラインの製品より高性能で、赤いラインが入り、カタログ上でもハイグレードラインにアップされています。
因みに現在赤いラインの双眼鏡価格ですが、7×50SPが95000円、10×70SPが134000円、18×70IFが142000円と1996年より値上げされています。(価格はいずれも税抜き)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小型・軽量超広角レンズ ニューニッコール20mmF4

ニューニッコール20mmF4の販促カタログです。
Ss
Ss_2
以前に紹介しましたAiニッコール20mmF4とレンズ構成などは同じ物です。
かつて写真工業誌で20mmレンズのテストをした記事が掲載されました。そこでは最後に「価格を考え合わせると多少の画質向上が望ましい」と結び、あまり良い評価ではありませんでした。価格が他社の同様スペックレンズと比べて1割以上高価で、確か1段明るいキヤノンFD20ミリF2.8 S.S.C.が57500円でして、これと比べてもニッコールは50000円でわずか7500円しか安くありませんでしたから、それほどコストパフォーマンスが良いとは言えないのは確かでした。(個人的には好きなレンズでしたが・・・)
このレンズは1977年3月のAi化を経て、1979年3月には1/3段明るくなり光学系も改良されたAiニッコール20mmF3.5へとバトンタッチしました。

参考:写真工業1977年3月レンズテスト記事

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ニコマートFTn 説明書の見出し

ニコマートはF系の説明書の見開き部分に少し特徴がありまして、右側が画像のように見出し状になっていて、目次を見なくても良い工夫がされていました。
Nikomatftns

しかし、このような説明書はFTnの後期からニコマートFT2の頃にはなくなってしまい、通常見られる冊子状の物になってしまいました。
個人的には見出し付きの説明書が好きで良いアイデアだと思うのですが、製本時に折り目がずれてしまうと見出しも隠れてしまったり、大きくはみ出た部分で下の見出しを隠してしまったりといった不具合が出やすく、実際に、上の説明書でも一部見辛い部分があります。他に所有している説明書もやはり少しずれて見難い部分がありましたので、こういった不具合は割合としては低くないのかもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

1970年ニコン双眼鏡価格表

1970s
1970年頃のニコン双眼鏡製品の価格表です。
8cm屈折赤道儀天体望遠鏡が安いですね、とはいえ、後に発売されるニコンF2フォトミックと比べてほぼ同等の価格なので、当時購入するのは結構大変だったでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3つの顔。3つのニコン。

ニコンFEが出て暫くあと、1978年秋頃のニコンの広告です。
33s

3つの顔と「3」を強調していますように、この3機種が本来のAi対応カメラのラインアップだったと思っています。
FM・FEのつなぎの機種として当初から考えられていた?それまでのニコマートFT3やニコンEL2は何か影が薄いのですが、私はこちらの無骨なカメラの方に魅力をより感じてしまい、使ってはおりませんが、今でも一応FT3やEL2は防湿庫に眠っています。しかし、FMやFEは一時中古を所有しておりましたが、現在はありません。
この差は、製造数の違いという理由が大きいのですが、それ以外にも最後のニコマートといった意味合いがあったからです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

おこりやすいカメラの故障 シャッター編

表題はフォトアート昭和24年6月号(創刊2号)の連載?記事で、この頃のカメラの起こりやすい故障の紹介と予防法などを櫻井 實 氏(桜井 実 氏)がまとめたものです。
下はその記事の一部ですが、その中で、氏はマイナス50~60度での低温実験の機会があり、そこにカメラを持ち込んでのシャッターの実験もしたそうです。画像の文章冒頭部分はその際持ち込んだカメラの機種を言っています。
(カメラはライカ、ローライオートマット、同U型、セイコーラピットシャッターとのことです。)
S

見て分かるかと思いますが。低温で真っ先に使えなくなったのが布幕フォーカルプレーンシャッターのライカと書いています。因みに、この記事の時点では、ニコンカメラはまだM型は市販されておらず、I型でした。

確か、昭和25年に朝鮮戦争が起こると冬の厳冬時の朝鮮ではニコン以外は低温で動かなくなってしまったが、ニコンS型(M型?)は問題なく撮影が出来、ライフ誌の紙面をニコンとニッコールで飾ったといった話を思い浮かべ、もし、テストしたカメラがニコンだったら、フォーカルプレーンシャッターの評価も違っていたかもしれないと思った次第です。

また、最後のほうに日本光学のニコフレックスが85ミリF2.8付き(*)でしかもレンズ交換が可能なような文言が見られ少し興味を引きました。これは皆さんご存知のように、35ミリ判ニコンへと開発は一本化されましたが、この頃は、まだ巷の情報ではそうではなかったのでしょうか。(75年史によると昭和21年10月に一本化を決定)

S_2

(*):設計図では8cmでビューニッコールがF2.8、撮影用ニッコールが4枚玉テッサータイプ?のF3.5に読めます。


| | コメント (3) | トラックバック (0)

ニコンMとキヤノンオートアップの広告

下は今から59年前、光画月刊1950年8月号のニコンとキヤノンが並んだ広告部分です。
Nikonm19507s
ニコンMはカメラとしてある程度熟成されて安定した性能を出せるようになり、評判が上がってきた頃ではないでしょうか。それが上のような文言になっているのだろうと思います。

一方、先輩のキヤノンはアクセサリーの近接撮影用補助具オートアップの広告でした。
このタイプのオートアップはニコン用にももう少し後になるかと思いますが、社外品で出ました。
また、S2の専用アクセサリー近接撮影装置は先日広告を紹介しましたのでご記憶の方も居られると思います。
以前にこのキヤノン用に似たニコン用社外品のオートアップを借りて試用した事がありますが、パララックスの大きさに苦労させられました。
近年、割合安価に社外品のオートアップが売られているのを見かけたりしますが、先の苦労があり食指はのびません。今更ですが、やはり接写は一眼レフに限りますね(汗)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ついに光を追いつめた ニコンFA

1983年秋に発売されたニコンFAのカタログ表紙です。
Facatalogs

光を追いつめたとは、勿論マルチパターン測光による汎用性の高い露出が根拠になっています。
また、マルチパターン測光により第一回のカメラグランプリを受賞もしています。
同時期、カメラグランプリを惜しくも逃したライバル機が下のカタログ表紙のオリンパスOM-4でした。
Om4catalogs
個人的には金属外板で横走行のシャッターを持つオリンパスOM-4が好みですが、残念ながら支持者はニコンの方が多かったようです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

UHF-500

以前に最高毎秒50万コマの超高速度カメラとして植村式超高速度カメラUHF-500型を紹介しました。
今回はその中の画像とは違い、前蓋を閉じた?状態の珍しい画像だと思います。
Uhf500s50年のあゆみより


| | コメント (0) | トラックバック (0)

F2であるための、100。

1978年春頃の各カメラ雑誌に掲載されたニコンF2の広告です。
F2aalls

初めてキャッチコピーを見た時、何が100なのだろうと、ちょっと戸惑いましたが、左の画像ですぐに理解できました。
視野率100%はニコンF一桁機のお家芸とも言えそうなもので、確かに、F2であるための大きな要素の1つでした。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

ニコン初のコマ間データバックMF-18

下は1988年アクセサリー総合カタログの中にあったデータバック紹介の1ページです。
S
確かニコンのデータバックの中では、コマ間への写しこみが可能な物はこのMF-18が初めで、1985年の発売でした。
ただし、コマ間への写しこみは精度が要求される為でしょうか、手巻上げ専用の物は出ていないようで、これもMD-4との組み合わせ前提の物でした。

また、このページの他のデータバックは仕様は同じ事からも分かると思いますが、中身はほぼ同じものと思われます。さすがに古い設計ですので、この時はまだリチウムのコイン電池ではありませんでした。

さて、このページにはMF-14~18まで載っていますが、MF-17が抜けています。MF-17はF3の250枚撮りフィルムバック用のデータバックで、このタイプは更に古い設計?で、ニコンF2用MF-10/11と時計やデートユニットの互換性がありました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

レフレックス・ニッコール(C)500mmF8

下は以前に紹介しましたレフレックス・ニッコール500mmF8のマルチコートされた後期型レンズのデータシート部分です。
C500mmf81s
写真工業1978年4月号でレフレックスレンズ500mm4種類(シグマ、ニコン、ミノルタ、ヤシカ)をテストしたレポートが掲載されていました。
その中に上記のニッコールも含まれていました。下はその一部です。
C500mmf82s
ニッコールレンズのテスト機にはニコンF2を使い、そのフォーカシングスクリーンはB型全面マット式でコントラストの高いレンズとあいまって、比較的ピントの合わせやすいレンズといったような記述がありました。
確か、上のデータシートにも最適なスクリーンとなっています、明るさがF8では一般的なマイクロプリズムやスプリットイメージ部分が黒くかげってしまい、中央部が使えなくなってしまいますので当然なのですが、他のテストレンズではスクリーン交換できない機種を使っていたようで、そういったハンデもあったのだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四角い単眼鏡

女性が気軽に持ち歩けるよう意識したデザインの単眼鏡が昭和54年に発売されました。
下はそのカタログです。
Alls
これは、日本光学が一般向けに出した単眼鏡としては初めの方のものだったと思います。
また、この単眼鏡にスライド式のクローズアップレンズを追加して弱視者向けの製品も後年発売されました。
Alls_2

ただ、個人的にはこのスライド部分はいかにも「後から付けました」といった印象が強いので、もう少しスマートにならなかったのかと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レンズ前キャップ

10年以上前のニッコールレンズに付属していたレンズキャップの一部です。
デザイン上この中で1つ仲間はずれがあります、何番でしょうか?また。その理由は?
S

また、それぞれのアタッチメントサイズを当ててみてください。
3番は答えがでていますのでそれをヒントに考えてみてください。(因みに同じサイズの物もいくつかあります。)



















































答えは4番です。
光学マークのカブセ式キャップは初期からFマウントレンズには付属してはいなかったようです。
それ以外のデザインのキャップは、SマウントやLマウント、ELニッコールなどにも使われてもいた場合がありますが、Fマウントのレンズにも付属していました。従いまして、「理由はFマウントのレンズにも使われていた。」です。
これは実は前日の製品一覧の13番を見て思いつきました。

また、画像のキャップのアタッチメントサイズは3番が95ミリ、2番が72ミリ、4番が40.5ミリ、その他が34.5ミリです。
本当は4番も34.5ミリで揃えたかったのですが、生憎所持してなく、近いサイズということで40.5ミリを選択しました。34.5ミリサイズのカブセ式はライカマウントのレンズに付属している物が見つけやすいのですが、私自身あまり興味が薄く、集めていない事がひびきました。
このキャップの為にレンズを買うほどの余裕が出来れば入手したいと思います。(汗)

一部訂正です。
1番はFマウントレンズに使われていたので間違いではないのですが、レンズキャップというよりフードキャップというべき物でした。サイズも82ミリのフードに被せる物です。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

Nikon System 1970年版

ニコンカメラ総合カタログ1970年頃の物の中にあったシステム一覧のページです。
この総合カタログも同じ表紙で複数の版が出ていますが、この画像は使いまわしで、商品名のレイアウトが僅かな変更となっていました。当時の価格など参考になるかと思います。
Nikonsystemalls

以前に紹介しましたように、1970年頃から「Nikon System」文字の初めのSのデザインに特徴があります、このデザインを使い始めた最初の頃の物です。
この時期はなぜか総合カタログや製品カタログ、システムチャートなど全てと言ってよいほどのカタログに価格が表示されていたように思います。

また、この頃までのニコン製品に関してはほとんど定価販売で値引きは他のメーカーのようにはありませんでした。
それがメーカー、問屋その他からの締め付けだったのか詳しくは知りませんが、一時公取委からの是正指導?があったのを覚えています。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

8cm屈折赤道儀

下は8cm屈折赤道儀のカタログ(74年版)の表紙です。
8cm1s
1967年新登場で、この頃はまだEDレンズはありませんでした。
また、こちらはこのカタログとは別の販促カタログからの画像です。
8cm2s
8cm3s
8cm4s

上の表紙の物は8ページでしたので、容量節約とあまり見かけないということで販促カタログから8cm屈折赤道儀部分を抜き出して紹介させていただきました。
この最後の画像にある91cm光電赤道儀と女性の対比で91cm望遠鏡の大きさが実に分かりやすくて、インパクトもあります。


関連記事
     ニコン8cmED屈折天体望遠鏡
     5cm 6.5cm屈折赤道儀
     ニコン20cm・15cm屈折赤道儀
     ニコン 屈折赤道儀
     ニコン10cm屈折赤道儀
     天体アダプター
     Astro-Nikkor200mmF4
     ニコン10cm屈折赤道儀 カタログ
     ニコン 20cm/15cm屈折赤道儀カタログ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

データバック MF-16

下はニコンFM2以降のFM系カメラ用データバックMF-16の英語版(ニュー)FM2カタログにあった説明部分です。Mf16s
一見、何でも無いように見えますが、ツッコミを入れたい部分があります。(笑)

それは作例の日付で、画像の82年2月18日にはまだこのMF-16は発売されておりませんでした。発売は翌年1983年3月1日です。
では、なぜこのような画像を載せてしまったのでしょうか?
じつは、FM2の英語版カタログはFM2新発売からほとんど内容を変えてなく、画像を使いまわししていた為と考えられます。
日本語版ですと、いくつもの表紙違いや同表紙でも内容の見直しをした版がでていますし、シンクロ1/200秒のFM2と同1/250秒のニューFM2では別のカメラに近い扱いでもあり、それは変わりませんでした。
しかし、こと英語版では、FM2とニューFM2は表紙や画像・内容の使いまわしがほとんどで、スクリーンの変更やスピードライト、そしてこのデータバックなどで内容の見直しはありましたが、必要最小限といった印象で、販売戦略だったのか分かりませんが、ニューFM2では「New」の文字すら入っておりませんでした。
下はFM2カタログの上と同じ部分の画像です。
Mf12s

予算的な背景があるためでしょうか、ニコンの英語版カタログは全般に、このように時期が違っても必要最小限の変更にとどめて、あまり代わり映えしない物が多くみられました。


| | コメント (3) | トラックバック (0)

教育用顕微鏡E・E2型

下は昭和47年の教育用顕微鏡E・E2型のカタログです。
Omotes
Nakas


この顕微鏡はE型が昭和35年10月発売、E2型が昭和37年5月と歴史が長く、私も実はこの顕微鏡やオリンパスの物を使った覚えがあります。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

S2そっくりさん、レンズシャッターのコンドル

以前にフォーカルプレンシャッターカメラでニコンS2そっくりのカメラを紹介しましたが、今回はより安価なカメラでレンズシャッターのコンドル35です。
S235

比較に同時期のニコンS2広告と並べてみました、比較してみてください。
タナックSDやメルコンII型以上に似ていると思います。このカメラも珍品で、めったに見かけません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ニッコール25ミリF4レンズ

25mmf41s
25mmf42s
第6図が見難いので下にもう少し大きな画像を掲載します。
25mmf43


昭和31年当時、ニコン35ミリ判用レンズとしては最も広角なレンズ、2.5cmF4の解説記事です。
以前にスペックなどを紹介しましたので、そちらも参考にしてください。

関連記事:元祖パンケーキレンズ?W-NIKKOR 1:4 f=2.5cm

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ニコン双眼鏡のできるまで

画像はニコン双眼鏡製造工程を紹介したものです。
1s
2s
前半はレンズの製造工程で、これはカメラ用レンズの製造と変わるところはないと思います。
後半部分は、カメラやレンズでは紹介される機会がありますが、双眼鏡は割合紹介はされていない部分です。

因みに、紹介されている時期は、おそらくは昭和40年代前半ではないかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Fという名のカメラ ミランダF

ミランダはオリオン銘のフェニックスがペンタプリズムを始めて搭載した国産カメラといわれています。
そのミランダも1963年頃にはFという名の35ミリ判一眼レフカメラを出していました。
生憎、私はこのカメラの資料を持っておりませんので、なかなか紹介出来ずにいましたが、ネタに乏しく申し訳ありませんがとりあえず、カメラショーカタログの一部を紹介させていただきます。

F

このカメラはファインダーを交換でき、画像のように露出計を組み込んだファインダー付きも用意されておりました。

しかし、これは非連動で、使い勝っては絞り/シャッター共に連動する上段のオートメックスIIIに一日の長がありました。
とはいえ、それまでのレンズには絞りと露出計の連動が利かず、新たに対応のレンズを出さざるを得なかったのが、この頃のニコンとの違いとも言えそうです。
確か、この時期のカメラ雑誌広告には、ミランダFもありましたが、それの「F」ロゴがなんとなくニコンFの「F」と少しイメージが近いと感じたものでした。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

Aiズームニッコール35~70mmF3.5S

このレンズは1981年12月発売、これより2ヶ月ほど前にシリーズEズーム36~72mmF3.5が発売で、焦点距離や開放F値などスペック的には非常に似通ったレンズが直近に出ていた事になります。
しかし、実際はサイズ、操作方法、近接撮影、価格などが大きく違い、デザイン上の見比べてもはっきり違いが分かる物でした。
3570mmss

因みにシリーズEは直進式ズームで距離環とズームが一体ですし、価格も45000円とこの頃の広角を含むズームとしては安価なものでしたが、紹介している35~70mmの方は距離環、ズームリングが別の2操作式で、各種収差補正も優れていたのですが、価格は96000円と倍以上の開きがありました。
それでも、この頃のズームニッコールレンズとしては43~86mmF3.5に次いで安価なものでしたが、レンズメーカー製ズームは更に安価な品が多数でていましたから、セット売りとしてはほとんど見なかったような気がします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ニコンF4 新発売広告

「写す力。」ニコンF4のキャッチコピーです。
下は新発売時の広告です。
1s
1988年晩夏に発表があり、その当初は11月3日発売と発表しておりました。発表時には、万全の準備で発売日までを決定していたと想像しているのですが、しかし、受注数が生産計画を大きく上回ってしまったのが理由(といわれていました)で発売日に手に入れられない方が大量に出てしまう為、発売日を12月まで1ヶ月ほど遅らせてしまいました。
下はその後の広告です。
2s
これら広告で、初めの広告が「誕生」で、遅れることが決定し、その発表後の広告が「登場」とニュアンスを変えているところが面白いと思いました。
ところで、なぜ、発売が遅れた(増産できなかった)のか、その辺の本当の理由を知らないですが、プログラム(ファームウェア)の見直しなどの手直しがあったのでしょうか?皆さん、ご存知の方居られませんか?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

手持ちで容易に一呎半の接写が可能です

ニコンS2の広告です。
S2s
S2の専用アクセサリー近接撮影装置の宣伝ですが、距離の表現が1.5フィートではなく、1呎半というところに時代を感じてしまいました。
現在なら45cmの接写は、一眼レフでは一般的な標準レンズの最短距離で、ごく普通に使っていますが、レンジファインダーはパララックスの正確な補正がネックでした。
このように、撮影距離範囲を絞って対応しても、実際には視差の補正は完全にはできませんので、撮影にはフレーミング時に余裕を持たせてトリミングで調節するなどが必要だったのではないかと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ニコンスチルビデオカメラシステム QV-1000C

写真工業1988年12月号にニコンスチルビデオカメラシステムの解説記事が載っていました。
下はそのシステムチャート図です。
Photo

この頃はまだデジタルカメラとしては実用段階には遠かったようで、カラーを捨て、モノクロでの処理に特化させてようやく新聞紙面に載せられる程度までの画質や伝送技術を実用化させたといったところでしょうか。

詳しくは解説記事を読んでください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニコンF2 モータードライブMD-1カタログ

販促カタログのMD-1表紙部分です。
1s

下は説明部分などです。
Md1allss

もう少し大きな画像(約1.8MB)はこちらになります、参考にしてください。

少し面白いのは、「すべてのニコンF2と完全互換性を持ち、無調整でそのままカメラボディに取り付けられます。裏ぶたを取り外す必要はありません。」とニコンFまでのモータードライブを意識した文言が並んでいること、また、巻き戻しまでもモーター駆動で行うのもこれまでにありませんでした、更に秒5コマ撮影、7秒で巻き戻しというスペックも充分他社モデルを引き離す性能でしたし、現在でも見劣りすることは無いと思っています。

関連記事

      ニコンF2 モータードライブMD-2 使用説明書
      ニコンF2 MDカタログ
      ニコンF2 モータードライブMD-3 使用説明書
      ニコンF2 高速モータドライブカメラのカタログ
      ニコンF2用モータードライブ MD-3
      ニコンF2高速モータードライブカメラの番号
      ニコンF2 高速モータドライブカメラの使い方
      ニコンF2 MD-1、MF-1の寸法図
      F2用モータードライブの電池(リチウムイオン電池14500への転用
      ニコンF2 MD-3新発売
      F2用モータードライブバッテリーMN-1の再生
      ニコンF2モータードライブシステム用カメラバックMF-1、MF-2
      ニコンF2用モータードライブMD-1、2、3の仕様
      ニコンF2 モータードライブ ガイド部材
      ニコンF2 MD-1の電子回路
      ニコンF2 高速モータドライブカメラ
      ニコンF2 MD-1初期型
      ニコンF2 モードラスイッチユニット
      ニコンF2 モータードライブのコマ速度
      ニコンF2 MB-1
      ニコンF2 モータードライブ
      

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ニコンF3カタログ一覧(表紙)

ニコンF3カタログの表紙のおおよその種類を一覧にしました。
All1as

これらは同じ表紙でも発行年月の違いがいくつか見られます。
同じ表紙が最も長い期間使われたのは中段左のもので、84年から91年頃までの数年間変わりませんでした。
また、以前に紹介しましたF3PF3Hは1枚もののパンフレットでした。
また、F3Tは専用のカタログは見かけた事はありませんので、多分出ていないと思います。
発売期間が長いカメラでしたが、表紙のデザイン変更などはF2と比べて少なかったです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ニコン製品のアフターサービスについて

1970年頃、まだニコンF2が出ていない頃の販売店向けの説明です。
S

これを見ますとカメラ、レンズ、8ミリカメラ、アクセサリーの販売カード、愛用者カードの色で分類していた事が分かります。
読本に載っているレンズやアクセサリーのほとんどが8ミリカメラと共用できなかったのでもっともな事ではありますが、8ミリカメラの購入では、当時、ニッコールレンズ読本3を貰えなかったのですね。

ところで、当時でも、レンズやファインダーなどにも愛用者カードって入っていたかなぁ?はっきりとは覚えていませんが、添付されていなかったような気がするんです。
この頃にレンズやモーター、ファインダーなどを購入した皆さんのコメントをお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニコンF2 モータードライブMD-1機能と操作(使い方)

販促カタログの一部です、ニコンF2用MD-1の簡易的な使用説明書に使えると思いますので、参考にしてください。
1
2
3

また、後日にMD-1販促カタログの残りの部分を紹介したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニッコールオート135mmF3.5

135mmf351s
135mmf352s
「ニッコールレンズ中最も長い歴史を持つ高性能望遠レンズ」とコピーにありますように、古くはライカマウントやS系ニコンマウントの13.5cmF4、F3.5にルーツを持ち、35ミリ判カメラ用レンズとしてはかなり長い歴史があります。
また、サイズ、使い勝手、価格が手ごろなこともあり市場には割合多く出回って居りましたので、中古の価格も求めやすい物が多かったのですが、かびてしまったりして廃棄されたのでしょうか、近年はめっきり少なくなってきたように感じています。

このレンズの後継モデルの仕様などは135mmF3.5として以前紹介しましたので、光学系やサイズなどの違いを興味のある方は比較してみてください。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »