« 四角い単眼鏡 | トップページ | ニコン初のコマ間データバックMF-18 »

レフレックス・ニッコール(C)500mmF8

下は以前に紹介しましたレフレックス・ニッコール500mmF8のマルチコートされた後期型レンズのデータシート部分です。
C500mmf81s
写真工業1978年4月号でレフレックスレンズ500mm4種類(シグマ、ニコン、ミノルタ、ヤシカ)をテストしたレポートが掲載されていました。
その中に上記のニッコールも含まれていました。下はその一部です。
C500mmf82s
ニッコールレンズのテスト機にはニコンF2を使い、そのフォーカシングスクリーンはB型全面マット式でコントラストの高いレンズとあいまって、比較的ピントの合わせやすいレンズといったような記述がありました。
確か、上のデータシートにも最適なスクリーンとなっています、明るさがF8では一般的なマイクロプリズムやスプリットイメージ部分が黒くかげってしまい、中央部が使えなくなってしまいますので当然なのですが、他のテストレンズではスクリーン交換できない機種を使っていたようで、そういったハンデもあったのだと思います。

|

« 四角い単眼鏡 | トップページ | ニコン初のコマ間データバックMF-18 »

Nikkor Lens」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/45955346

この記事へのトラックバック一覧です: レフレックス・ニッコール(C)500mmF8:

« 四角い単眼鏡 | トップページ | ニコン初のコマ間データバックMF-18 »