« ニコンF4 新発売広告 | トップページ | Fという名のカメラ ミランダF »

Aiズームニッコール35~70mmF3.5S

このレンズは1981年12月発売、これより2ヶ月ほど前にシリーズEズーム36~72mmF3.5が発売で、焦点距離や開放F値などスペック的には非常に似通ったレンズが直近に出ていた事になります。
しかし、実際はサイズ、操作方法、近接撮影、価格などが大きく違い、デザイン上の見比べてもはっきり違いが分かる物でした。
3570mmss

因みにシリーズEは直進式ズームで距離環とズームが一体ですし、価格も45000円とこの頃の広角を含むズームとしては安価なものでしたが、紹介している35~70mmの方は距離環、ズームリングが別の2操作式で、各種収差補正も優れていたのですが、価格は96000円と倍以上の開きがありました。
それでも、この頃のズームニッコールレンズとしては43~86mmF3.5に次いで安価なものでしたが、レンズメーカー製ズームは更に安価な品が多数でていましたから、セット売りとしてはほとんど見なかったような気がします。

|

« ニコンF4 新発売広告 | トップページ | Fという名のカメラ ミランダF »

Nikkor Lens」カテゴリの記事

コメント

シリーズEシリーズが出ていたとき、ヨドバシカメラでカメラとレンズの価格表がまだ店頭にあった頃だと思いますが、普及機にレンズメーカー製の安価なズームレンズとのセット売りが目玉になっていたと思います。

去年、Aiズームニッコール35~70ミリF3.5Sをジャンクコーナーから手に入れましたが、中玉にわずかなカピがありましたが、Aiズームニッコール43~86ミリF3.5と比べるとファインダー内での見え方がハッキリ違いました。
私は自分でカメラやレンズを修理する技術はないのですが、カビ取りに成功しました。
密封式のビニール袋にカビシャウトと一緒に入れること半年、カビは死滅してレンズから取れていましたが、カビの死骸がホコリみたいになってレンズ内部にありますが。

投稿: ガタピシ | 2009年8月 9日 (日) 18時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/45860281

この記事へのトラックバック一覧です: Aiズームニッコール35~70mmF3.5S:

« ニコンF4 新発売広告 | トップページ | Fという名のカメラ ミランダF »