« おこりやすいカメラの故障 シャッター編 | トップページ | 1970年ニコン双眼鏡価格表 »

3つの顔。3つのニコン。

ニコンFEが出て暫くあと、1978年秋頃のニコンの広告です。
33s

3つの顔と「3」を強調していますように、この3機種が本来のAi対応カメラのラインアップだったと思っています。
FM・FEのつなぎの機種として当初から考えられていた?それまでのニコマートFT3やニコンEL2は何か影が薄いのですが、私はこちらの無骨なカメラの方に魅力をより感じてしまい、使ってはおりませんが、今でも一応FT3やEL2は防湿庫に眠っています。しかし、FMやFEは一時中古を所有しておりましたが、現在はありません。
この差は、製造数の違いという理由が大きいのですが、それ以外にも最後のニコマートといった意味合いがあったからです。

|

« おこりやすいカメラの故障 シャッター編 | トップページ | 1970年ニコン双眼鏡価格表 »

Nikon Camera」カテゴリの記事

コメント

私は本来使うのがメインなので、コレクターではありませんが、使うとなるとこの時代、非AiレンズのAi化サービスを思うと、ただのFだとかF2フォトミックと組み合わせる時、FT3とEL2は手の違和感が少なかっただろうなと思います。

3つの顔。3つのニコン。のFEはニコマート系のAE機能を持つELの見やすい追針式の露出表示が引き継がれていますね。
FEは持っていませんが、FMは持っています。
FMはブラックボディーなので、クロームボディーが欲しいです。
こんな事言ったら引き伸ばし機一式(レンズは旧タイプのELニッコール50ミリF2.8)とフェロ乾燥機をくれた写真学校卒業の叔父さん(2~3年プロに付けばプロカメラマンになれたのですが、いまと違って給料はもらえなかった時代でおじいちゃんの定年退職と卒業とが重なり、これ以上親のすねはかじれないとあきらめて就職した)に「○○(私の名前)、お前生意気だぞ」と、生きていればゆわれるだろうな。

いまでこそニコンはを含めてカメラはさほど高くはありませんが、昔のニコンは高かったですね。

投稿: ガタピシ | 2009年8月27日 (木) 15時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185882/46016571

この記事へのトラックバック一覧です: 3つの顔。3つのニコン。:

« おこりやすいカメラの故障 シャッター編 | トップページ | 1970年ニコン双眼鏡価格表 »